※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第16話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…

前回の内容はこちら▼

【第15話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 父「じゃあ、母さんが浮気して、 お前を捨てて逃げたんじゃなきゃ、 どうしてお前に連絡の1つも よこさないんだ?! ずっとここに住んでるんだから、 会いたければ会いに来ること...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…
こちらもおすすめ▼ 本編 私は幼少期に、 とても奇妙な体験をした記憶がある。 ずっと心に引っかかっていた その体験の裏に、まさか、 あんな真実が隠されていたなんて… 私の名前はスカミ。21歳。会社員。 まず、私の人生を大...

本編

考えれば考えるほど、

父のことが許せず、今日だけは

どうしても家に帰りたくなかった。

迷った末に、私はスマホから

トモコに電話をかけた。

トモコは私が写真を探しに

行った時から、私の様子を

心配してくれていたようで、

私の話を聞くと、

家においでと言ってくれた。

 

トモコは、ご両親に私の事情を

伏せたまま、お泊まりを

頼んでくれたようで、

私がトモコの家に着いた時には、

既に一晩泊めてもらえることに

なっていた。

着の身着のまま飛び出して来た私を、

温かく迎えてくれる

友達の存在が本当に有り難く、

私は思わずまた泣いてしまった。

 

とりあえず、今の母にはLINEで

[今夜は友達の家に泊まる明日には

帰るから心配しないで]

とだけメッセージを送っておいた。

 

スカミ「トモコ…本当にありがとう」

 

トモコ「そんなのいいよ!

気にしないで!でも…お母さん、

本当に別人なんだね…

いくら5歳だからって、

子供を騙して途中で入れ替わる

なんて、あんまりだよ!

スカミ、これからどうするの?

本当のお母さんを探すの?」

 

トモコはスマホに保存された

今の母の顔と、保育園の頃の

本当の母の写真を見比べて、

私の突拍子も無い話を信じてくれた。

 

スカミ「それが…探したいんだけど、

手がかりが何も無くて…」

 

トモコ「お母さんの日記とか…

昔の手紙とか…何か残ってないの?」

 

スカミ「何も…写真が一枚も

無いくらいだからね…

全部処分したみたい」

 

トモコ「そっか…他に何か、

お母さんに繋がりそうなものって

無いかな…?」

 

スカミ「う〜ん…」