※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第29話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…

前回の内容はこちら▼

【第28話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 タクヤは泣きながらガックリと 床に突っ伏して、動かなくなった。 そしてそのまま、ヤ●ザの皆さんに 両脇を抱えられ、どこかへ 連れ去られていった。 その様子を見送っていると...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
こちらもおすすめ▼ 本編 皆さんには、『命の恩人』と 呼べるような人物はいるでしょうか? 私にはいます。 あの日…私は、数日前に 生んだばかりの赤ちゃんを抱え、 行き場を無くして途方に暮れていた。 もしもあの時、 『命の恩人』に...

本編

ユキ「お父様も、お母様も、

スカミちゃんのこと、

ずっと探してらしたのよ。

私もいけなかったの。

未成年を保護したんだから、

警察に届けておくべきだったのに…」

 

スカミ「ユキさん達は

悪くありません!!

もしも警察に連絡されてたら、

ツバサを取り上げられてたかも

知れないもん!」

 

母「ツバサ…?赤ちゃん、

ツバサって名付けたの?お母さん達

にも合わせてちょうだい!」

 

父「スカミ、父さんと母さんに、

初孫を抱かせてくれないか?

子育てだって、手伝いたいんだ。

うちで、家族3人で、

一緒に育てていこう!」

 

スカミ「本当に…?いいの…??

ツバサを養子にやったりしない…?」

 

父「あれは私達の間違いだった。

堕ろせないなら養子に出せだなんて…

もう一度、やり直させて欲しいんだ!

スカミもツバサも、

うちの子なんだから!」

 

スカミ「お父さん…」

 

私は両親と手を取り合って号泣し、

私とツバサは両親の家に

戻る事になり、

ヤ●ザのおうちでの居候生活は、

唐突に終わりを迎えることと

なったのだった…

 

さよならする時、土下座三人衆は

もちろん、部下の人達全員が

見送ってくれた。

ユキさんは、私とツバサの

おでこにキスしてくれて、

コワモテの親分さんは、腕を

組みながら、ニヤリと笑ってくれた。

 

土下座三人衆は、号泣しながら

紙吹雪なんて撒いちゃって…

まるでパレードみたいで、

思わず笑っちゃった。

 

風を受けて、晴れ渡った青空に

舞い上がっていく、白い紙吹雪…

あの光景は、きっと一生忘れない。

顔はコワモテだったけど、

心はとってもあったかくて、

みんな本当にいい人達だった。