※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第28話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…

前回の内容はこちら▼

【第27話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 弁護士「ちなみにその他にも、 計5名の被害者から 慰謝料請求の訴訟を起こし、 スカミさんが産んだ赤ん坊の養育費 も、当然請求させて頂きますので、 どうぞそのおつもりで」 ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
こちらもおすすめ▼ 本編 皆さんには、『命の恩人』と 呼べるような人物はいるでしょうか? 私にはいます。 あの日…私は、数日前に 生んだばかりの赤ちゃんを抱え、 行き場を無くして途方に暮れていた。 もしもあの時、 『命の恩人』に...

本編

タクヤは泣きながらガックリと

床に突っ伏して、動かなくなった。

そしてそのまま、ヤ●ザの皆さんに

両脇を抱えられ、どこかへ

連れ去られていった。

 

その様子を見送っていると、

ユキさんが私の肩を抱いて、

「よく頑張ったわね」と

褒めてくれた。

 

私がお礼を言うと、

「まだ終わりじゃないのよ〜?」

と悪戯っぽく笑い、

店から私を連れ出すのだった…

 

(え〜?まだ何かあるの〜?もう、

サプライズはお腹いっぱいだよ〜!)

 

ユキさんは、私の肩を抱いたまま、

近くの喫茶店に入っていった。

なぜか弁護士さんも付いてきて、

私は何が起きるのか

益々分からなくなった。

 

すると、連れて行かれた

ボックス席に、絶縁したはずの

両親が待っていたのだ…

 

スカミ「えっ…えっ…な、何で…?」

 

驚きのあまり、しどろもどろに

なっている私を、

ユキさんが優しく席に座らせた。

全員が席に着くと、弁護士が再び

名刺を出して、両親に説明を始めた。

 

家を出てからどうなったのか、

今どこにいるのか、

赤ん坊はどうしているのか…

居候をしている先を、

ヤ●ザの親分さんの家ではなく、

ユキさんの家だという事にして、

経緯を簡略に話してくれた。

 

父「スカミ…あの時は、

本当にすまなかった…

父さんも母さんも、

突然の事に気が動転して…

頭ごなしに叱りつけたこと、

ずっと後悔してるんだ!」

 

母「大変な時に助けてあげず、

独りぼっちにさせちゃって…

辛かったわよね…

本当に、本当にごめんなさい!

これからは、私達が力になるから、

お願いだから家に帰って来て

ちょうだい!」

 

父も母も、涙を流していた。