※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第1話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…

こちらもおすすめ▼

【第1話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…
こちらもおすすめ▼ 本編 私の人生最大の修羅場…… これは、当時26歳の頃の話… 私はスカミ。とある大手企業の 総合受付で働く、いわゆる“受付嬢”。 婚約者のタカヤは、32歳。 取引会社の担当営業マン。 細身の長身を仕立ての良いス...
【第1話】新婚旅行より○○を優先する汚嫁「忘れてた!一人で行って!」→俺は二度と旅行から帰らなかった結果…
こちらもおすすめ▼ 本編 父「ス、スカオ!? おまえ、どういう積りだ!?」 母「そうよ!こんな大事なもの、 受け取れるわけがないじゃない」 おろおろしている両親と、冷静な俺。 実家のリビングでは、 もう何とも言えない空...

本編

皆さんには、『命の恩人』と

呼べるような人物はいるでしょうか?

私にはいます。

 

あの日…私は、数日前に

生んだばかりの赤ちゃんを抱え、

行き場を無くして途方に暮れていた。

 

もしもあの時、

『命の恩人』に出会えなければ、

どうなっていたことか……

 

私の『命の恩人』は、とっても

コワモテな、見知らぬおじさん…

信じられないかも知れませんが、

なんと、ヤ●ザの親分だったのです。

 

私の名前はスカミ。

子供を産んだのは、

私がまだ18歳の時のこと。

まずは、なぜそんな事になったのか、

お話しします。

 

まぁ…端的に言うと、悪い男に

騙されただけの話なのですが…

 

 

元彼・タクヤと出会ったのは、

私が高校3年生、17歳の夏だった。

友人と進路の話になった際、

志望大学の話をしたところ、

 

友人「部活のOBに、その大学に

行った先輩がいるよ!紹介しようか?

実際に通ってみた感想とか、

具体的な話を聞けると思うよ!」

 

と、親切心で提案してくれたのが

きっかけだった。

憧れの大学の2年生…

私は友人に付き添われ、少し

緊張しながら会いに行ったのだが、

駅で待っていたタクヤは、

とっても優しい雰囲気の、

笑顔の素敵な爽やかイケメンだった。

 

大学の中を案内してもらいながら

話を聞き、お昼は大学の学食に

連れて行ってもらった。

効率的な勉強法をアドバイス

してくれると言ってくれて、

次回は2人で会う約束をした。

 

何度か会っていくうちに、

私はタクヤにどんどん惹かれていき、

出会いから1ヶ月後、タクヤの方から

告白してくれた時には、

まるで少女漫画のヒロインにでも

なったような気分だった。