※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第10話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…

前回の内容はこちら▼

【第9話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 その後も、こちらから メッセージを送れば、 短い返信が返ってくるものの、 タクヤはただの1度も 会いに来なかったのだった… 明らかにおかしな態度を取る タクヤに、私は不安...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
こちらもおすすめ▼ 本編 皆さんには、『命の恩人』と 呼べるような人物はいるでしょうか? 私にはいます。 あの日…私は、数日前に 生んだばかりの赤ちゃんを抱え、 行き場を無くして途方に暮れていた。 もしもあの時、 『命の恩人』に...

本編

女性「私はタクヤの恋人です!!

あなたの事は、タクヤから

全部聞いてます!

一方的に片思いして、

ずっとストーカーしてるんだって?

いい加減にしないと

警察呼ぶわよ!!」

 

スカミ「いえ、私…

ストーカーじゃありません!

タクヤ君は?中にいるんですか?

お願いですから、

タクヤ君と話をさせて!」

 

女性「だから!!

それが迷惑だって言ってんの!

毎日毎日、何度もメッセージを

送りつけてきて…

相手にされてないんだから、

いい加減、諦めなさいよ!!

警察に突き出されたいわけ?!」

 

女性は私の言い分を聞こうともせず、

ツバサを抱いているのに

私を押してきた。

危険を感じた私は、

タクヤの顔も見れないまま、

その場から逃げるしかなかった。

マンションの外からタクヤに

電話を入れてみたが、出てくれない。

 

メッセージを送ってみると、

しばらくして返信がきた。

 

タクヤ[悪いけど、子供とか

やっぱ無理だわ。

スカミも太ってヤバくなったし…

無事に産ませてあげたんだから、

もういいっしょ?今後は

お互い無関係ってことでよろ!]

 

あまりの文面に、

私は自分の目を疑った。

タクヤが送ったとはとても

信じられず、何とか連絡を取ろうと、

電話やメッセージを送り続けた。

 

ところが、無視をされているのか、

着信拒否をされてしまったのか、

一切返事が来なくなってしまった。

退院初日に新生児を抱え、

帰る所が無くなってしまった私は、

途方に暮れた。

 

ツバサと荷物を抱えっぱなしの

腕が痛かったが、

私には行く当てなどなく、

ただ町を歩き回るしか無かった。