※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第9話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…

前回の内容はこちら▼

【第8話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 (赤ちゃんのためにバイトを 増やしたって言ってたから、 疲れてるのかな…? タクヤ君、無理してるんじゃ ないかな…?でも、 私はこんなお腹で働けないし… タクヤ君が少しでも...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
こちらもおすすめ▼ 本編 皆さんには、『命の恩人』と 呼べるような人物はいるでしょうか? 私にはいます。 あの日…私は、数日前に 生んだばかりの赤ちゃんを抱え、 行き場を無くして途方に暮れていた。 もしもあの時、 『命の恩人』に...

本編

その後も、こちらから

メッセージを送れば、

短い返信が返ってくるものの、

タクヤはただの1度も

会いに来なかったのだった…

 

明らかにおかしな態度を取る

タクヤに、私は不安を感じながらも、

 

(きっとタクヤも、ツバサのために

頑張ってくれてるんだ!)

 

と自分に言い聞かせた。

 

退院の日も、あらかじめ

メッセージで知らせておいたのに、

タクヤは迎えに来てくれず…

 

私は仕方なく、荷物とツバサを

抱えて、1人でマンションに

戻ったのだった。

 

ところが、いつものように

合鍵でドアを開けようとしても、

なぜか開かなかった。

 

(え…?何で…??タクヤも

いないのに…どうしよう…)

 

私は泣きそうになりながら、

なんとか鍵を開けようと、

何度もガチャガチャし続けた。

 

すると、なんと見知らぬ女性が、

怒鳴りながら部屋の中から

出て来たのだ!

 

女性「ちょっとあんた!

いい加減にしてよ!!マンションに

まで押しかけて来るなんて!!

このストーカー女!!!」

 

スカミ「え……ストーカー…??」

 

女性は私を睨みつけてきたが、

私がツバサを抱いていることに

気付くと、驚いて目を丸くした。

 

女性「えっ…ちょっとなに…!?

赤ちゃんなんて、

どっから連れてきたのよ!!

わざわざ偽の赤ちゃんまで

用意してくるなんて!

頭おかしいんじゃないの!?」

 

スカミ「あの…あなたの方こそ、

どちら様ですか…?」

 

私は混乱しながらも、

ツバサを庇いつつ女性に聞き返した。