※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第35話】結婚式当日、仮病の浮気相手を優先する夫

前回の内容はこちら▼

【第34話】結婚式当日、仮病の浮気相手を優先する夫
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 ヨシエ「デパ地下で買ってきた 料理を並べて、自分の手料理 だって言ってるの? そんなの、一目見ればバレるわよ? あなた本当に…お料理したことが 全く無いのね…」 ため息を...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】結婚式当日、仮病の浮気相手を優先する夫
こちらもおすすめ▼ 本編 結婚式で新郎に逃げられた新婦って、 世の中にどれくらい居るんだろう…? よく恋愛ドラマなんかで、新婦が ウエディングドレス姿で式場から 駆け出したりするシーンが有るけど、 新郎に置いてけぼりにされる パター...

本編

ショウタ「ミスズとはもう

キッパリ別れたんだよ〜!!!

なのに…勝手に押しかけて来て…

よりによって、スカミが

帰って来る時に〜!!!

あの女、俺とスカミの

邪魔ばかりするんだよ〜!!!」

 

スカミ「別れたのに、

こんなお料理を持って会いに

来てくれるんだから、ミスズさんは

まだショウタの事が好きなんだよ!

私とじゃなく、ミスズさんと

やり直せばいいじゃない!!」

 

ショウタ「違うんだよ〜!!!

俺はミスズに騙されてたんだよ〜!!

あいつ、俺とタカヒロを

天秤にかけてたんだ!!しかも、

俺の目の前で裏切りやがったよ〜!!

スカミ〜!俺、悔しいよ〜!!

 

それに俺…こんな買ってきた料理なんて、

全然口に合わないんだよ〜!!!

スカミの料理が一番だよ〜!!!

俺、スカミの作った料理が

食べたいんだよ〜!!!」

 

いい年をした男が、泣きながら

地団駄を踏み、駄々をこねる様子に、

全員が呆れ返った。

さすがのミスズさえも、

可愛い顔を作るのを忘れ、

顔を歪めてドン引きしていた…

 

それからショウタは何を思ったか、

今、この世で最もショウタを

憎んでいるであろう私の父に、

泣きながら助けを求めたのだった……

 

ショウタ「お義父さ〜ん!!

お義父さんなら、俺の気持ち、

分かってくれますよね〜?!

若い子に言い寄られて、

ついポーッとなっちゃって…羽目を

外しちゃっただけなんですよ〜!!

 

お義父さんにだって、

そういう事、一度くらい

有りますよね〜?!

お願いですから、一緒に

スカミさんを説得して下さいよ〜!」

 

父「お前なんかに、お義父さんなんて

呼ばれる筋合いは無い!!!」