※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

俺にも嫁にも似ていない息子→DNA鑑定の結果、衝撃の事実が判明し…【第5話】

前回の記事はこちら▼

俺にも嫁にも似ていない息子→DNA鑑定の結果、衝撃の事実が判明し…【第4話】
前回の記事はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 スカオ「なぁ…。シオンって… ハーフにしか見えないよな…?」 サオリ「だよね!将来は、私にも スカオにも似てない、ハーフ顔の 男前になるだろうね!」 それまでにも何度か...

1話から読みたい方はこちら▼

俺にも嫁にも似ていない息子→DNA鑑定の結果、衝撃の事実が判明し…【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 愛し育ててきた、 3歳になる我が子……。 実は自分の子供ではない ということが判明した……。 俺は一体、どうすれば いいのだろうか……。 俺の名前はスカオ。 35歳、サラリーマン。 同い年の妻・サオリと、 3...

本編

(もしかしたら怒られるかも

しれない…)

 

という恐れを抱いていた俺だったが、

思いのほかアッサリと理解して

もらえて、義両親からサオリに

話してくれることになった。

 

サオリ「DNA鑑定!?お父さんも

お母さんも、私が浮気したって

疑ってるの!?」

 

義母「そうじゃないわ…。

でも、シオンの姿を見てると

不安になるのよ…。ここまで

ハーフのような顔だと、必ず周りに

あれこれ言う人が出て来るわ」

 

義父「DNA鑑定でハッキリさせて

おけば、今後、不用意な

トラブルを防げるだろう。

この際、一度受けておきなさい」

 

サオリ「シオンは間違いなく

スカオと私の子よ!隔世遺伝で

ハーフみたいに見えるだけ!

DNA鑑定なんて、する必要ないわ!」

 

サオリはやはり、かなり腹を

立ててしまったようで、

なかなか同意しなかった。

 

義母「私達だって、サオリの事を

信じてるからハッキリさせたいの。

浮気なんてしてないんだから、

自信を持って検査すればいいのよ!」

 

そう説得され、渋々ではあったが

サオリも最終的に同意してくれた。

そうして専門機関に依頼し、

受け取ったキットで指示通り

DNAサンプルを取って返送した。

 

(これで全てハッキリする…)

 

そう思っていた俺だったが、

数週間後に送られてきた鑑定結果は、

驚くべきことに、

俺とも、サオリとも、

『親子関係は認められない』

という内容だった……。

 

報告書には、俺はシオンの

生物学的な父親ではなく、

サオリもシオンの生物学的な

母親ではない。

そうはっきり書かれていたのだ…。