※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第21話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ

前回の内容はこちら▼

【第20話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 ほどなくして玄関ドアのチャイムが 鳴ると、俺はエツコを部屋に 待たせて玄関ドアを開けに行き、 初めて会う『ある人物』と、 黙って会釈を交わし、何も知らない エツコ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ
こちらもおすすめ▼ 本編 俺はスカオ。34歳、独身。 仕事はIT系の技術職。 現在住んでいる賃貸マンションが 原因で、言われなき中傷を 受ける羽目になった。 ドアtoドアで、職場まで20分。 駅近、コンビニ近、 スポーツ...

本編

スカオ「いえいえ…悪いのは

全部このおばさんですからね。

サクラコさんだって被害者

なんだから。頭を上げて下さい」

 

エツコ「な…何よ…

どういう事よ…!?

アンタ達、グルだったの!!?

一緒になって私をハメたのね!!!」

 

もう言い訳は通用しないと

悟ったのか、エツコは

逆ギレ作戦に方針転換し、

ギャーギャーと喚き始めた。

 

サクラコ「私とスカオさん

だけじゃありませんよ!

父も全て知っています!

あなたがずっと

自分の懐に入れてたこと…

最初に気付いたのは、

他ならぬ父自身なんですから!」

 

エツコ「え…?な、何の話……??

何か誤解してるみたいだけど……」

 

この期に及んで、

まだしらばっくれようとするエツコ…

だが、流石に上手い言い訳が

浮かばないようで、

口をパクパクさせるばかりで、

青ざめていた顔色は、

どんどん白くなっていった。

 

スカオ「あの〜…サクラコさんと

エツコさんは、本当の親子…

じゃないですよね?」

 

サクラコ「えぇ、違います。

私の本当の母は、数年前に

病気で亡くなりました。

エツコさんは父の後妻です」

 

スカオ「なるほど…

先妻の子が受け取るべきお金を、

後妻が横領してたって訳か……」

 

エツコ「ち、違うわよ!!

部外者が変なこと言わないで!!!

サクラコさん、これは全部

誤解なのよ!あのね……」

 

サクラコ「スカオさんは部外者じゃ

ありませんよ!当事者です!!

あなたが巻き込んだんでしょ!!」

 

エツコの言葉を遮り、

一刀両断するサクラコ……

 

スカオ「サクラコさん。

俺を当事者と思って下さるなら、

どうしてこんな事になったのか、

全て教えてもらえませんか?」

 

野次馬根性と思われるかも

知れないが、俺は無関係だったはずの

騒動に巻き込まれた者として、

まだ曖昧な全貌を解明し、

事実を全て知りたかった。