※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第21話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…

前回の内容はこちら▼

【第20話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 優しい言葉に、また涙が溢れてきた。 昨日の心細さや絶望が蘇ってきて、 今、この時間・この場所が、 本当に有り難かった。 スカミ「どうもありがとう ございます…お世話になり...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
こちらもおすすめ▼ 本編 皆さんには、『命の恩人』と 呼べるような人物はいるでしょうか? 私にはいます。 あの日…私は、数日前に 生んだばかりの赤ちゃんを抱え、 行き場を無くして途方に暮れていた。 もしもあの時、 『命の恩人』に...

本編

ツバサが離乳食を食べるように

なると、次はコワモテの

親分さんが張り切りだして…

 

コワモテ「ツバサの口に入るんだ。

良い加減なもんは許さねぇ!」

 

そう言って素材を厳選し、

自ら手作りしては、

食べさせてくれたりもした。

 

コワモテ「ん〜?どうだ、

おいちいか〜?おいちいのか〜!

ヨチヨチ!コッチも

食べまちょうね〜!」

 

1人で食べさせている時に、

赤ちゃん言葉で喋りかけていたのは、

見なかった事にしておいた。

 

そしてユキさんは、総監督(鬼監督)

として、常に全体をチェック

してくれていた…

時には厳しく…

 

ユキ「また!!お世話する前に、

アルコール消毒だろ!?

汚い手で触るんじゃないよ!!​​」

 

そして更に厳しく…

 

ユキ「こんな所にゴミが

落ちてるじゃないか!!

ツバサが口に入れたら

どうするんだい!!」

 

おまけに例の、決めゼリフ…

 

ユキ「ったく、どいつもこいつも!

何度言えば分かるんだい!

この、スットコドッコイどもが!!」

 

怒られるたびに謝り倒す

土下座三人衆を見ると、私は

申し訳なくなってしまうのだった。

 

一方ツバサは、ずりばい→ハイハイ

→つかまり立ち→伝い歩きと、

どんどん行動範囲を広げてゆき、

 

アニキ「わ〜!ツバサが

ティッシュを〜!!」

 

ヤス「わわ〜!

ツバサが洗濯物を〜!!」

 

ユウジ「わわわ〜!

ツバサが障子を〜!!」

 

と、ちょっと目を離した隙に

アレコレやらかしては、土下座三人衆を

てんてこ舞いさせてしまい…