※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第11話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…

前回の内容はこちら▼

【第10話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 女性「私はタクヤの恋人です!! あなたの事は、タクヤから 全部聞いてます! 一方的に片思いして、 ずっとストーカーしてるんだって? いい加減にしないと 警察呼ぶわよ!!」 ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
こちらもおすすめ▼ 本編 皆さんには、『命の恩人』と 呼べるような人物はいるでしょうか? 私にはいます。 あの日…私は、数日前に 生んだばかりの赤ちゃんを抱え、 行き場を無くして途方に暮れていた。 もしもあの時、 『命の恩人』に...

本編

(住み込みで雇ってもらえる所なんて

あるのかな…?あったとしても、

赤ちゃん連れてたら無理か…

警察や役所に相談したら、

ツバサを取り上げられちゃうかも

知れないし…)

 

そのうちにツバサが泣き始めたので、

私は困り果てた。

どこか授乳出来そうな所は

無いかと周囲を見回していると、

前方に駅が見えた。

 

(駅のトイレなら…

多目的トイレなら大丈夫かも!)

 

私は泣き続けるツバサを抱え、

急ぎ足で駅に向かった。

 

(そっか…赤ちゃんは

切符いらないんだ…)

 

変な所で感動しながら、

一番安い切符を一枚買って、

多目的トイレに向かった。

ようやく荷物を降ろし、

無事に授乳を済ませる事が出来た。

 

ホッと一息ついて、ついでに

オムツも変えて、ふと顔を上げると、

鏡に映った自分の姿は、

赤ん坊を抱えた、

ボロボロの子供のようだった。

 

(あぁ…私、まだ未成年なのに、

これから1人でツバサを育てて

いかなきゃならないんだ……)

 

視界が暗くなっていくように感じた。

身も心も疲れ果て、とにかく

どこかに座りたいと思った。

私は半分ボーッとしながら

駅のホームに向かい、

目に入ったベンチに座った。

 

そのまま、通り過ぎる電車を

何台も眺め続けた。

ツバサが泣き出すと、

またトイレに行って授乳を済ませ、

ベンチに戻った。

 

(このまま、あの電車に

飛び込んだら、楽になれるのかな…)

 

そんな自分勝手な考えが頭に浮かび

始めたその時、突然、近くで

大きな声が聞こえた。

 

「おい、そこのお嬢ちゃん!!」

 

声のした方にゆっくりと

顔を向けると、そこには

大きな体のコワモテのおじさんが、

私の目を真っ直ぐに見て立っていた。