※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第11話】幼稚園の先生から突然電話「迎えにきてもらえないと困ります!」→私「もういますけど?」先生「え?」

前回の内容はこちら▼

【第10話】幼稚園の先生から突然電話「迎えにきてもらえないと困ります!」→私「もういますけど?」先生「え?」
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 ユウマとの大事なコミュニケーション タイムに、盛大な水を差した スズミは、どうしても許せない。 絶対に自ら文句を言ってやる! そう意気込んだまではいいものの、 ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】幼稚園の先生から突然電話「迎えにきてもらえないと困ります!」→私「もういますけど?」先生「え?」
こちらもおすすめ▼ 本編 バラ組担任「いい加減に してください! 今何時だと思ってらっしゃいますか!? こちらとしても、お待ちするには 限度かあるんですよ!?」 いやー、驚いたわあ。 息子ユウマが通う幼稚園から、 珍しく...

本編

向こうが喧嘩腰なら、

こっちにも考えがある。

目には目を歯には歯を。

私も強気に出た。

 

アスカ「どこにいるの?

ケント君を幼稚園に

預けっぱなしにして。

延長保育は午後3時まで、

そういう決まりでしょう?

スズミさんが放っておくもの

だから、私に連絡が来たわよ。

聞いてないんですけどね!?」

 

スズミ「あれ?そうだっけ?」

 

スズミは図々しく

すっとぼけ作戦に出た。

 

スズミ「アスカさんに

言ってなかったっけ?」

 

アスカ「何も!聞いてません!」

 

スズミ「うるさいわねぇ。

じゃあ、ケント迎えに行って、

預かっといて。ほら、今言った」

 

アスカ「今言った、じゃないわぁ!」

 

図々しいうえに、

あまりにも子供じみている。

私は思わず叫んでいた。

もうね、舐めてるのかと。

 

アスカ「ケント君の事、

何も知らないのよ、私は!簡単に

預かれって、何を考えてるの!?

手荷物預かりサービスと

一緒にするんじゃない!」

 

スズミ「何よあんた、

興奮しちゃって。ばかじゃないの?」

 

私の怒りなどまったく

歯牙にもかけない様子で、

スズミは軽くあしらいに

かかって来た。