※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第13話】盲導犬の尻尾を踏む子供→主人が困っていると…

前回の内容はこちら▼

【第12話】盲導犬の尻尾を踏む子供→主人が困っていると…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 しかし現場に残ったマコトが マコト「幼稚園児くらいの男の子が、 調子に乗って盲導犬を い●めていたんです。 頭をぶったり腹を蹴ったりと、 どんどんエスカレートし...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】盲導犬の尻尾を踏む子供→主人が困っていると…
こちらもおすすめ▼ 本編 何やってんだ、あの子! 俺は思わず足を止め、 前方の異様な光景を見つめた。 シンヤ「スカオ?どうした」 マコト「何かあったのか!?」 連れ立って歩いていた、 高校時代からの友人シンヤと マコ...

本編

警官「反撃されないと分かっていて、

めちゃくちゃな事を

したんでしょうが」

 

母親「そんなの、私は知りません!

だとしてもね!

母親が近くにいるのに、

勝手に交番へ息子を連れて行く

なんてどういう事!?」

 

警官「この動画によれば、

確かに画面の隅に

女性グループが写っていますね。

お子さんが叱られている様子も、

しっかり録画されています。

 

逆に言えば、

この距離なら、近くでこうなってる

って、普通に気づけるでしょう?

だいたい、お子さんが

いなくなっていた事について、

どうお考えですか?」

 

母親「それはそうかもだけど、

でも、あの!」

 

警官「あなたがお子さんから

目を離さなければ、

起きなかった事なんです!」

 

母親は、警官に徹底論破された

うえに、保護者責任についても

がっつり説教をくらった。

ついでにあの悪ガキも、

若い警官に捕まっていた。

 

若い警官「あのね、ぼく。

動物をい●めたら、

刑務所に入るって知ってた?」

 

男の子「そうなの!?」

 

若い警官「そうだよ、

動物をい●めるのは重い罪なんだ。

子供でも許してもらえないくらい、

悪い事なんだよ。

たとえ罪じゃなくても、何もしない、

できないおとなしい生き物を、

踏んだり蹴ったりするのはダメだ。

ぼくがそんな事をされたら

どう思う?」

 

若い警官「たとえば、

警官のおじさんが、何もしていない

のにぼくを叩いたら?」

 

男の子「……いやだ」

 

若い警官「だよね?犬もそうだし、

猫も鳥も、みんなそうなんだよ。

動物はしゃべれないだけで、

叩かれたら痛いし悲しいんだよ」