※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第13話】夫「出産したら女じゃない」→理不尽に私を見下す夫に数年かけて仕返ししてやった!

前回の内容はこちら▼

【第12話】夫「出産したら女じゃない」→理不尽に私を見下す夫に数年かけて仕返ししてやった!
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 収入への不安はまだ有ったが、 浮気に気付いてから早くも2年半… 調べたところ、浮気に気付いてから 3年以内でないと、慰謝料請求の 時効が成立してしまう、 とのこと...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】夫「出産したら女じゃない」→理不尽に私を見下す夫に数年かけて仕返ししてやった!
こちらもおすすめ▼ 本編 「お前…wwもう完全に、 “オバサン”って感じだな!www 出産ってホント…恐ろしいよなぁ〜… もう女として見れねぇわ〜!ww」 これは出産後、 しばらくぶりに顔を合わせた夫から、 私が言われた...

本編

自分でも、ただの見栄だと分かって

いたが、これまでテツヤに言いたい

放題言われてきたことが悔しすぎて…

 

テツヤをギャフンと言わせることを

目標に、この2年半ずっと

頑張ってきたので、

「私には1人でツムギを育てて

いけるだけの力が有るのだ!」

と、テツヤに証明したかったのだ。

 

手頃なマンションを契約し、

生活が出来るよう整えていった。

テツヤに気付かれないように

注意ながら自宅とマンションを往復し

替えのきかない荷物だけを、

少しずつ移していった。

 

バタバタと慌ただしく過ごしている

うちに、ついに入園式の日が…

離婚を言い渡す日がやって来た。

父親と母親、どちらも参加しやすい

ようにと、入園式は土曜日だったので

テツヤも出席してくれるよう、

半月前から伝えておいたのだが…

 

前日の夜に念を押すと、テツヤは

(あっ…)という顔をしたあと、

「仕事だから行けない」と言い出した。

 

ツムギの為に、最後に3人で

写真を撮るつもりだった私は、

今回ばかりは食い下がったが、

テツヤは「仕事があるから」と言って

全く話を聞こうとせず、さっさと自分

の寝室に行ってしまったのだった。

 

(半月前に伝えた時、

確かに面倒臭そうだったけど、

「分かった分かった」って、

一応同意してたのに…

仕事が入ったんなら、

その時点ですぐ言うべきでしょ!

すっかり忘れて仕事を入れたか…

まさか…チナツと約束してるんじゃ

ないでしょうね!?)

 

私はこの自宅で過ごす最後の夜も、

またテツヤにイライラさせられる

ことに、ほとほと嫌気がさした。

 

(ま、明日にはオサラバなんだから、

もうテツヤの事は考えないように

しよう!考えるだけ損だわ!)

 

そして当日の朝…

 

スカコ「ねぇテツヤ。

仕事で入園式に出席出来ないのは

仕方ないけど、せめて今日は

早く帰って来てよね。話があるから」

 

(離婚の話だよ!)と、

心の中で舌を出しながら、

私はテツヤに声をかけた。

テツヤは生返事を返しながら、

私を見ようともせずにさっさと

出かけて行った。