※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第1話】夫「出産したら女じゃない」→理不尽に私を見下す夫に数年かけて仕返ししてやった!

こちらもおすすめ▼

【第1話】夫が入った後の風呂に白い毛が毎日浮いている→後日、高熱を出した私が病院に行くと…
こちらもおすすめ▼ 本編 「まただ…いったい何なのコレ…?」 お風呂の湯をよく見ると、 白い…ホコリのような… 短い毛のような… 正体不明のモノが浮いている。 その事に私が気づいたのは、 ここ1週間ほどの事… 夫が入った後の湯に、 垢...
【第1話】妻が入った風呂の後に、なぜか毎日ひもがある→後日、俺は救急搬送され…
こちらもおすすめ▼ 本編 夫婦2人、仲良く幸せに 暮らしているつもりだった… そう…あの日までは… 俺の名前はスカオ。43歳。 大手製造会社の企画開発部門に 所属する、ごく普通のサラリーマン。 妻の名前はエミコ。41歳...

本編

「お前…wwもう完全に、

“オバサン”って感じだな!www

出産ってホント…恐ろしいよなぁ〜…

もう女として見れねぇわ〜!ww」

 

これは出産後、

しばらくぶりに顔を合わせた夫から、

私が言われた言葉だ。

 

当時、私・スカコは29歳。

夫・テツヤは34歳。

妊娠初期に切迫流産と診断され、

8ヶ月近くも入院して寝たきりの

日々を過ごしたのちに出産し、

実家への里帰りを経て、ようやく

我が家に帰って来たというのに…

 

娘・ツムギを抱いた私は、

玄関先でこんな言葉を

投げつけられて、

愕然としたのを覚えている。

 

スカコ「今、なんて…?」

 

聞き返そうと顔を上げた時には、

テツヤは既に、1人で

家の中に入って行った後だった。

タクシーから降ろしたばかりの

荷物も運び込んでくれず、

ようやく我が家にやって来た

赤ん坊を抱き上げてもくれず…

 

テツヤは私にも赤ん坊にも、

さして興味が無さそうな態度で、

さっさとリビングのソファーに

寝転び、スマホを

いじっていたのだった。

 

(私はテツヤとの子供を守るために、

8ヶ月間、必死の思いで

過ごしたっていうのに…)

 

産後の肥立ちも悪かったため、

退院後も2ヶ月ほど実家で過ごし、

母の助けを借りて、初めての

子育てに奮闘していたのだが…

 

テツヤは病院にも実家にも、

ほとんど会いに来てくれず、

LINEでメッセージを送っても、

返事もなかなかくれなかった。