※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第8話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」

前回の内容はこちら▼

【第7話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 ナカオ店長「2時間以上って…… 本当…ですか?」 スカミ「はい、本当です。 店員のタヌマさんに、 日替わりランチを注文しました」 私は背筋を伸ばし、ナカオ店長の目を ま...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」
こちらもおすすめ▼ 本編 私はスカミ。33歳で 某百貨店に勤めている。 その日は平日で、仕事が休みだった 私は、昼前になってようやく ベッドから起き出した。 (今日は…お洋服を見て回って… そのあと映画でも見ようかな〜…) ザッ...

本編

ナカオ店長「申し訳ございません!!

どうやらこちらの手違いのようで…」

 

スカミ「手違い…ですか……」

 

ナカオ店長「本当に

申し訳ございません!!ほらタヌマ!

お前もちゃんと謝れ!!」

 

ナカオ店長は何度も頭を下げて

謝りながら、横で突っ立ったままの

タヌマを叱咤した。

肩を小突かれたタヌマは、

さっき私を怒鳴りつけた勢いは

どこへやら、消え入りそうな

声で謝罪した。

 

タヌマ「どうもすみません…」

 

タヌマはすっかり萎縮していたが、

私の気持ちはまだまだ

収まらなかった。

 

(いくら忙しいピークタイムだから

って、こっちは客だよ?あんな

邪険に扱われるいわれは無いよ!)

 

だが、私はあえて軽く微笑みながら、

怒りを抑えた低い声で答えた。

 

スカミ「いえ、いいんですよ。

お忙しかったんですよね〜?

私はただ、早く日替わりランチが

食べたいだけです。

すぐ持って来て頂けますよね?」

 

ナカオ店長「しょ、少々

お待ち下さいませ!!」

 

そう言うと、ナカオ店長は慌てて

厨房の方へ去って行った。

背中を丸めてナカオ店長を

追いかけるタヌマの後ろ姿に、

私は嫌味ったらしく言ってやった。

 

スカミ「もう2時間以上

待ってますけどねぇ!!」

 

タヌマはビクッとなり、

ますます小さくなって去って行った…

 

(タヌマ!!お前は後で

コッテリ絞られろ!!

そして私の言葉に耳を貸さず、邪険な

態度を取った事を後悔しろ!!)

 

私は心の中でタヌマに悪態を

つきながら、ようやくありつける

であろう日替わりランチに

心を躍らせた。

 

(これでやっと…!やっと

日替わりランチが食べられる…!!

エッビフライ♪エッビフライ♪

エッビフライ♪)

 

ところが……5分も経たないうちに

戻って来たナカオ店長の口から出た

言葉は、信じられないものだった…

 

ナカオ店長「申〜し訳

ございません……本日分の

日替わりランチの材料が……

その…切れてしまいまして……」