※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第18話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ

前回の内容はこちら▼

【第17話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 俺は眉間にシワを寄せて 中年女性に詰め寄りながら、 内心ほくそ笑んでいた。 中年女性「な、なんで私が わざわざ管理会社に 連絡しなきゃならないの?! 家賃が振り...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ
こちらもおすすめ▼ 本編 俺はスカオ。34歳、独身。 仕事はIT系の技術職。 現在住んでいる賃貸マンションが 原因で、言われなき中傷を 受ける羽目になった。 ドアtoドアで、職場まで20分。 駅近、コンビニ近、 スポーツ...

本編

スカオ「…………あれっ?

あなたのお名前……サクラコさん

じゃなかったでしたっけ…??

賃貸契約書の貸主の名前も、

サクラコさんでしたけど…

この通帳の名前、

エツコさんになってますよ?

いったいどう言う事ですか!?」

 

(ツメが甘いんだよ!ww

確か…前回押しかけて来た時も、

最初はエツコって名乗ってたな……

はは〜ん!エツコがババアの

本当の名前なんだな!!!)

 

エツコ「ち、違うのよ!!!

こ、これは……

これは、私の母の通帳なの!!!

ここの家賃は全部、

年老いた母に渡してるのよ!!!」

 

スカオ「え〜っ……

本当ですか〜…??」

 

エツコ「ほ、本当!本当よ!!!」

 

エツコは、YouTubeで見た

インコの高速ヘドバン並みに、

コクコクと頷きまくった。

 

エツコ「家賃が入金されていない

事に、半年も気付かなかったのも、

私の通帳から母の通帳へ、

毎月自動送金される​​ように

していたせいなの!!」

 

(おぉ〜…!!その言い訳、

今考えたのか!?

言逃れスキル、超高いな!!)

 

妙な所で感心していると、

LINEの着信音が鳴った。

確認すると、さっきメッセージを

送った『ある人物』から、

予定通りのメッセージが届いていた。

俺は何気ない風を装い、

「あ、母さんからだ…」と呟いた。

 

そして、エツコの言い逃れスキルに

対抗すべく、咄嗟にアレンジを

かましてやった。

 

スカオ「そっか…俺の家賃、

お母さんに仕送りしてたんですね……

急に入金されなくなって、困って

らっしゃったんじゃないですか?」

 

気の毒そうな顔をして同情を

寄せると、エツコは急に涙ぐんで、

「そうなのよ…」などと言い出した。