※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第16話】一人暮らしで毎月3万円以上の電気代請求が!→隣人に盗電されていたので…

前回の内容はこちら▼

【第15話】一人暮らしで毎月3万円以上の電気代請求が!→隣人に盗電されていたので…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 スカオ「そう言われても。 そちらがそういう仕事をしているとは 知らなかったし、そもそもうちから 電気を盗んで飼育してたんでしょう? 魚に罪はないですけど、俺が高額な 電気代...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】一人暮らしで毎月3万円以上の電気代請求が!→隣人に盗電されていたので…
こちらもおすすめ▼ 本編 俺はスカオ。 電気代の請求書を見て、 目ん玉が飛び出しそうになっている、 31歳独身、サラリーマンの男だ。 スカオ「3万6千円ってなんだよ!? 叔父さん、話が違うじゃねえか!」 いやおかしい、...

本編

叔父にきっぱり言われ、

マツオは言葉に詰まった。

しかも、最初にあいつが騒いだ

せいで、住民が集まり始めていた。

 

ご近所さんたちに見守られながら、

俺に制圧され、叔父に説教される

という、何とも情けない

状態になったのだ。

それに気づいたらしいマツオは、

すっかり顔を真っ赤にして、

恥ずかしそうにうつむいた。

 

その後。

結局は通報されてしまい、

マツオは警察に事情聴取のため

連れていかれた。

俺も道連れになりそうだったが、

叔父が話をつけてくれて、

自分が代わりに説明しに行くと

申し出てくれたため、

俺は無事に会社へ行けた。

帰宅後、叔父に顛末を聞いた。

 

叔父「マツオが飼育していた魚は、

観賞用としては状態が

悪くなってしまったようだが、

命に別状はないそうだ。

愛好家たちが引き取って、

大事に育ててくれるという事で、

話はまとまった。

 

マツオは取引がだめになったので、

契約違反金、稚魚を仕入れた代金に、

飼育にかかった費用。

全部をかぶるはめになったよ」

 

スカオ「そういや、さっきまで

マツオの家で、何人も騒いでいたな」

 

帰ってくるとき、ヤツの家に

取引相手らしい男が、少なくとも

4人は押しかけてきていた。

みんな口々にマツオを

罵倒していたっけ。

 

取引客「大口たたいて

大事な魚を預かって、高い金を

支払わせた挙句がこのざまか!

このポンコツブリーダーが!」