※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第15話】一人暮らしで毎月3万円以上の電気代請求が!→隣人に盗電されていたので…

前回の内容はこちら▼

【第14話】一人暮らしで毎月3万円以上の電気代請求が!→隣人に盗電されていたので…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 スカオ「訳も分からずに 謝れるわけないでしょうが」 マツオ「熱帯魚が全滅 しそうなんだよ、この野郎!」 スカオ「熱帯魚?」 マツオ「アロワナが! ペパーミントエンゼル...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】一人暮らしで毎月3万円以上の電気代請求が!→隣人に盗電されていたので…
こちらもおすすめ▼ 本編 俺はスカオ。 電気代の請求書を見て、 目ん玉が飛び出しそうになっている、 31歳独身、サラリーマンの男だ。 スカオ「3万6千円ってなんだよ!? 叔父さん、話が違うじゃねえか!」 いやおかしい、...

本編

スカオ「そう言われても。

そちらがそういう仕事をしているとは

知らなかったし、そもそもうちから

電気を盗んで飼育してたんでしょう?

魚に罪はないですけど、俺が高額な

電気代を負担する義理もないですね」

 

マツオ「ふざけんな、弁償しろや!」

 

マツオは俺に掴みかかってきた。

一見は柄が悪い男だが、

しかし腕力はそうでもなかった。

その点、俺はどこにでもいる普通の

リーマン男だが、アウトドア派だ。

キャンプや釣りなど、

腕力を使う遊びをたしなんでいる。

 

力では負けない。

俺の胸倉を掴んだまでは良かったが、

逆に腕をとられてマツオは硬直。

必死に振り払おうとしたが、

アウトドア男をなめんなよ!

 

力任せにマツオの手首をねじり上げ、

ついでに足払いをかけたら、

ヤツはあっさり転倒した。

それでも弁償弁償、

しぶとくうるさかった。

そんなあいつを、叔父が黙らせた。

 

叔父「何が弁償だ、

コソ泥の分際で!」

 

マツオ「な、なにおう」

 

叔父「盗電は、れっきとした

窃盗罪だぞ。人の家の外部電源に、

勝手にコードをつなげて

利用したんだろうが!」

 

マツオ「だからって、

電源を落とすことはないだろうが!」

 

叔父「何が悪い?ここは私の家だ。

今は事情があって甥に貸しているが、

持ち主は私だ。

ブレーカーを落とした事を

言っているんだろうが、

持ち主が家の中の設備を、

自分の判断でいつどういじろうと、

持ち主の自由だろう。

もう一度聞くが、何が悪い?」