※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第18話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…

前回の内容はこちら▼

【第17話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 [待ち合わせ場所に着いたよ! 今どこにいる?] 私は絶望的な気持ちで 画面の文字を眺め、 キョロキョロしながら待ち続ける タカヤをもう一度確認すると、 無言でその場を後に...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…
こちらもおすすめ▼ 本編 私の人生最大の修羅場…… これは、当時26歳の頃の話… 私はスカミ。とある大手企業の 総合受付で働く、いわゆる“受付嬢”。 婚約者のタカヤは、32歳。 取引会社の担当営業マン。 細身の長身を仕立ての良いス...

本編

(これまでの被害者の恨みを晴らし、

今後の犠牲者を出さない為には、

確実な証拠が必要だ…

誤魔化しきれない証拠を揃えて、

警察に突き出し、

タカヤに罪を償わせてやる!!!)

 

それは今、婚約者である

私にしか出来ない事だった…

すぐにでも婚約を解消し、

タカヤと別れたかったが、別れて

しまっては証拠集めが難しくなる。

 

できるだけ早くタカヤと縁を切れる

よう、確実に、効率よく証拠を

押さえられる方法を考えた。

 

それからは、繰り返される

責め苦のような毎日だった。

私は苦痛と吐き気を押し殺し、

それまでと変わりなく

タカヤに接した。

 

日に何度も連絡を交わし、

タカヤに「大好きだよ」と

言われれば、「私も」と返した。

平日も会いたがるタカヤを、

「体調が悪い」と言ってかわし続け、

「週末までには元気を

取り戻しておくからね!」

とデートを引き伸ばした。

 

気が緩むと浮かんで来てしまう、

タカヤとの幸せな思い出を

頭の中から締め出して、

裏切られた悔しさ・情けなさを

何度も反芻しながら、

自分を奮い立たせた。

 

そして迎えた土曜の夜……

私はワインの美味しいレストランに

行きたいとタカヤにおねだりした。

夕食の後は、タカヤのマンションに

お泊まりする約束だった。

 

スカミ「ん〜!ずっとお酒飲めな

かったから、すっごく美味しい!

でも、病み上がりだから、

少しだけにしておくね。

こっちのワインも飲みたいから、

残りはタカヤが飲んで♡」