※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第2話】孫と嫁を差別する姑「入浴剤と間違えちゃったわw」義実家での驚きの行動とは…

前回の内容はこちら▼

【第1話】孫と嫁を差別する姑「入浴剤と間違えちゃったわw」義実家での驚きの行動とは…
こちらもおすすめ▼ 本編 私は義母が大の苦手…… 義母は、遅くに生まれた一粒種である 私の夫の事が大大大好き!…なのは、 まぁ良いとして、 男尊女卑と言うか…女を全員 ライバル視していると言うか… とにかく、私の夫と、 夫...

こちらもおすすめ▼

【スカッとする話】重度の生理痛で苦しむ嫁を道具扱いする夫【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 私はスカ子。 26歳で、専業主婦をしている。 夫モトキは同い年、 結婚前に他界した義父が 経営していた会社を継いでいる。 いわゆる二代目という 立場の社長だ。 私と夫の間に子供はいない。 実を言うと、 私の体...
【第1話】夫が入った後の風呂に白い毛が毎日浮いている→後日、高熱を出した私が病院に行くと…
こちらもおすすめ▼ 本編 「まただ…いったい何なのコレ…?」 お風呂の湯をよく見ると、 白い…ホコリのような… 短い毛のような… 正体不明のモノが浮いている。 その事に私が気づいたのは、 ここ1週間ほどの事… 夫が入った後の湯に、 垢...

本編

サトシから事前に様々な話を聞かされ

ていたので、私に対する義母の

態度は、ある程度覚悟していたし、

義母にとって私は、『可愛い息子を

奪った憎い女』なのだろうから、

まぁ…理解出来なくも無いのだが…

 

コズエに対する酷い仕打ちは、

どうしても理解が出来なかったし、

とても容認出来るものでは無かった。

結婚2年目にツバサが産まれた時

には、愛する息子の血を受け継ぐ

男の子が出来たということで、

歓喜に溢れる義母の様子は、

周囲を驚かせるほどだった。

 

ツバサの顔を一目見た途端、

「サトシの赤ん坊の頃にそっくり…」

と呟き、

ポロポロと大粒の涙を流したかと

思うと、突然、病棟中に響き渡る

ような大声で万歳三唱を始めたのだ!

 

義母「うちの跡継ぎよ〜!!

バンザ〜イ!!バンザ〜イ!!

バンザ〜イ!!」

 

あまりのうるささに、私は病院や

周囲の人達に申し訳なくて、

とても恥ずかしかったものの、

 

(こんなに喜んでくれるなんて、

お義母さんも良いとこあるんだな…)

 

と、少し嬉しかった事を覚えている。

あ、もちろん、私に対する労いや

感謝の言葉は一つも無かったけどね。

ところが、その5年後にコズエが

産まれた時には、信じられないほどの

冷え冷えっぷりで…

妊娠の報告をした時には、

 

義母「もう歳だからダメなのかと

思ってたけど…スカコさん、

やったじゃないの!跡取りは

2人以上いた方が良いんだからね!

しっかり産んでちょうだいよ!」

 

と、嫌味混じりにも

喜んでくれていたのだが…