※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第8話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…

前回の内容はこちら▼

【第7話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 家の玄関の方を見ると、 母らしき女性の姿が…!! 私は喜び勇んで駆け寄って行った。 ところが…… 玄関前に立つ女性から数メートル 手前で、私は走っていた足を ピタリと止...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…
こちらもおすすめ▼ 本編 私は幼少期に、 とても奇妙な体験をした記憶がある。 ずっと心に引っかかっていた その体験の裏に、まさか、 あんな真実が隠されていたなんて… 私の名前はスカミ。21歳。会社員。 まず、私の人生を大...

本編

スカミ「え…だって…」

 

あれは母ではないではないか!

全くの別人だ。髪型は同じだけど…

声だって違うし…

服は見覚えのある母の服を着ている

ものの、だからこそ、体つきの違いも

ハッキリと分かった。

それなのに…祖母も祖父も、

当たり前のように『母』として

接しているのだった…

 

祖母「スカミちゃん、

お母さんが無事に退院してきて、

本当に良かったわねぇ〜!

ほら、早くこっちにいらっしゃい!」

 

祖母が手招きしながら、笑顔で

(こっちへ来い)と圧をかけて来る。

後ろからは祖父が、

グイグイと私の背中を押す。

私はただただ混乱しながらも、

抵抗しきれぬまま、

祖父母が『母』として扱う

女性の元へ連れて行かれた。

女性はその場にしゃがみ込み、

私に目線を合わせてこう言った。

 

女性「スカミちゃん、ただいま。

お母さん、スカミちゃんに

すご〜く会いたかったのよ!

ギュってしてくれないの?」

 

私は猜疑心でいっぱいだったが、

大人たちの視線に囲まれて、

仕方なく、おずおずと

女性に抱きついた。

女性は嬉しそうに、

優しく私を抱きしめ返してくれたが、

私は戸惑いと違和感しか

感じなかった。

何より、いつも母から漂っていた、

あの大好きな香りが

しなかったからだ。

 

(やっぱり…おかあさんじゃない…)

 

そう思ったものの、祖父母は

いたって和やかに、『母』だという

女性に接していたので、

私は父が帰って来るのを

待つことにした。