※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第14話】嫁が浮気中に事故→半身不随になり…

前回の内容はこちら▼

【第13話】嫁が浮気中に事故→半身不随になり…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 リッカ母はもう、 手が付けられない状態だった。 岳父は、多少は理性的だった。 リッカ父「腹立ちはごもっともだ。 しかし、私達も年だし……。 苦労を掛けるのは分かってい...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】嫁が浮気中に事故→半身不随になり…
こちらもおすすめ▼ 本編 スカオ「は? あ、あの、すみません。 もう一回お願いします」 突然かかってきた、 末尾番号0110の電話、 それは警察からのものだった。 何があったのか、さっぱり 見当はつかなかったが、0110が 警察署...

 

本編

すがりつく岳父、泣き叫ぶ岳母、

二人のパニック状態は、

病院に任せた。

俺は、早々に帰宅したのだった。

不倫相手のショウタについて、

後から分かった事だが。

 

マユコは、そいつの妻だったのだ。

 

間に入った弁護士が教えてくれた。

びっくりしたなんてもんじゃ

なかった。

 

スカオ「はぁ?じゃあマユコは、

自分の旦那が友達と不倫するのを

黙認してたどころか、アリバイ作りに

協力してたっていうんですか!?」

 

どういう夫婦関係なんだか

よく分からないが、

俺の知った事じゃない。

マユコは、夫ショウタと

友達リッカの不倫を知り、

止めもしなけりゃ、俺に相談もせず、

手を貸していたという。

彼女に同情する気分は吹っ飛んで、

俺はがっつり慰謝料を

請求する事にした。

 

しばらくして、

マユコから俺に連絡があった。

 

マユコ「お願いです、

許してください。

夫は他界してしまったんです」

 

スカオ「いや、

そうはいきませんよ。

あなた、僕の元妻と

ご主人の関係をご存じ

だったんでしょう?

黙認しただけなら、

慰謝料請求はしませんでした。

ですが、

アリバイ作りに一役買った

と言うなら、話は別です。

共犯とみなします」