※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第13話】嫁が浮気中に事故→半身不随になり…

前回の内容はこちら▼

【第12話】嫁が浮気中に事故→半身不随になり…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 スカオ「こちらこそ、 昨日は冷静ではなかったとはいえ、 帰宅してしまいまして」 リッカ母「そうよ。 このろくでなしが!」 リッカ父「止めなさい! スカオ君には、これ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】嫁が浮気中に事故→半身不随になり…
こちらもおすすめ▼ 本編 スカオ「は? あ、あの、すみません。 もう一回お願いします」 突然かかってきた、 末尾番号0110の電話、 それは警察からのものだった。 何があったのか、さっぱり 見当はつかなかったが、0110が 警察署...

 

本編

リッカ母はもう、

手が付けられない状態だった。

岳父は、多少は理性的だった。

 

リッカ父「腹立ちはごもっともだ。

しかし、私達も年だし……。

苦労を掛けるのは分かっているが、

どうか、娘の面倒を

一生見てやってくれ」

 

口調は穏やかだが、

言ってる内容は不穏そのものだった。

つまり、不倫妻のために

俺の一生を捧げろと。冗談じゃない。

 

スカオ「誤解の余地がないよう、

はっきり言いますね。

お断りします。

事情が事情ですので、

慰謝料の請求は控えますから。

僕は離婚だけを望みます」

 

リッカ父「スカオ君!

娘が可哀そうだと思わないのか?」

 

スカオ「思いません」

 

せめて、女性の友人との旅行が

本当だったら。

リッカが、何を思ったか

知らないが、高速道路を

運転したがったりしなければ。

まだ考える余地はあった。

でも、裏切りの末に自爆事故を

引き起こし、後始末も今後の人生も、

全て俺に押し付けて

後はよろしくだなんて。

 

おまけに、母親から

「おまえは鬼か」とまで罵られて、

それも我慢しろと?

そんな都合のいい話が

あってたまるものか!