※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第2話】盲導犬の尻尾を踏む子供→主人が困っていると…

前回の内容はこちら▼

【第1話】盲導犬の尻尾を踏む子供→主人が困っていると…
こちらもおすすめ▼ 本編 何やってんだ、あの子! 俺は思わず足を止め、 前方の異様な光景を見つめた。 シンヤ「スカオ?どうした」 マコト「何かあったのか!?」 連れ立って歩いていた、 高校時代からの友人シンヤと マコ...

こちらもおすすめ▼

【スカッとする話】高2の娘の妊娠が発覚!相手の名前を聞いても頑なに拒否→その理由が…【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 これは、2年前に俺の家族に 巻き起こった、とんでもない 騒動の話だ。 俺はスカオ。38歳。 家族は、3歳年下の妻ミホと、 高校2年生の娘サクラ。 ミホは情に厚く美人で心優しいが、 怒らせると怖い(笑) サクラ...
【第1話】元嫁「子供の養育費15万円早く払え!」 俺は「子供はいなかっただろ?」→元嫁が養育費を要求する理由が…
こちらもおすすめ▼ 本編 1年近く前に離婚した元嫁のアイカ から、突然電話がかかってきた…… アイカ「子供の養育費15万!! 早く振り込んでくれないと 困るんだけど!!!」 スカオ「………………へ?」 俺には、何が何...

本編

盲導犬主人「ぼく?この犬は、

いまお仕事しているんだよ。

構わないであげてくれないかな?」

 

困惑したような声が、

男の子にかけられる。

盲導犬の主人は、視覚的には

現状を判断できないながらも、

音や雰囲気で、男の子が興奮し、

レトリバーに何かしている

というのは察知したようだ。

 

しかし、男の子というか、もはや

悪ガキと言っちゃっていいと思う、

そいつは話を全然聞いていない。

怪獣の子供が雄たけびを上げているか

のように、子供特有の甲高いはしゃぎ

声をあげ、犬を蹴り始めていた。

 

躾されている盲導犬は、

微動だにしない。けなげに、

ただじっと耐えている。

可哀そうすぎた。

 

スカオ「ほんとに、

親は何やってるんだ!?」

 

俺も周囲を見渡した。

数人の女性グループが、

交差点から少し離れたコンビニの

前でたむろしているのが見えた。

 

子供の手を引いて居たり、

うろうろしている子を自分の傍に

引き寄せたりと、女性たちは

みんな話に夢中ではあっても、

我が子を野放しには

していないのだが、一人だけ!

 

話す内容は分からないが、

たまにけらけらと高笑いする女性が、

一人だけやたらと目立っていた。

どう見ても、このグループは

幼稚園帰りの子供たちを連れた

ママさん集団だ。その女性も

子供のママに違いない。

 

他の女性はみんな、少なくとも

子供に注意を払っているのに、

彼女だけはまったくそんな気が

無いように見える。

いま、目の前で盲導犬を

いじめている男の子のママか?

証拠はないが、そうとしか、

俺には思えなかった。

 

俺がじっと見ていたせいだろう。

笑っていたママさんが、

ふと真顔になって俺の方を見た。

ばっちり目が合った。

が、すぐそらされてしまった。

何だか、不審者を見てしまったと

思っているような顔だな。

俺の気のせいかもしれないが。