※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第2話】夫「出産したら女じゃない」→理不尽に私を見下す夫に数年かけて仕返ししてやった!

こちらもおすすめ▼

【第1話】夫が入った後の風呂に白い毛が毎日浮いている→後日、高熱を出した私が病院に行くと…
こちらもおすすめ▼ 本編 「まただ…いったい何なのコレ…?」 お風呂の湯をよく見ると、 白い…ホコリのような… 短い毛のような… 正体不明のモノが浮いている。 その事に私が気づいたのは、 ここ1週間ほどの事… 夫が入った後の湯に、 垢...
【第1話】妻が入った風呂の後に、なぜか毎日ひもがある→後日、俺は救急搬送され…
こちらもおすすめ▼ 本編 夫婦2人、仲良く幸せに 暮らしているつもりだった… そう…あの日までは… 俺の名前はスカオ。43歳。 大手製造会社の企画開発部門に 所属する、ごく普通のサラリーマン。 妻の名前はエミコ。41歳...

前回の内容はこちら▼

【第1話】夫「出産したら女じゃない」→理不尽に私を見下す夫に数年かけて仕返ししてやった!
こちらもおすすめ▼ 本編 「お前…wwもう完全に、 “オバサン”って感じだな!www 出産ってホント…恐ろしいよなぁ〜… もう女として見れねぇわ〜!ww」 これは出産後、 しばらくぶりに顔を合わせた夫から、 私が言われた...

本編

(あんな大変な思いをして、

やっと赤ちゃんを産んで

戻ってきたのに…

もう私への興味は

消えちゃったってこと…??)

 

確かにだいぶ太ったし、

ずっと運動も出来なかったので、

体形も崩れてしまった。

妊娠前は細身だったので、

自分でも今の自分の体を

残念に思っていただけに、

私はテツヤの言葉に深く傷付き、

ショックで言葉も出て来なかった。

 

その後、『女として見れねぇ』という

言葉の通り、夫婦生活は無くなった。

やがて寝室も別になり、ワンオペ

育児で心身共に疲れ切っていた私は、

あの言葉への恨みも相まって、

(むしろありがたいわ!)

なんて思っていた。

 

テツヤは毎晩のように酒の匂いを

させて帰宅するようになり、

休日にも、何だかんだ理由を

付けては、1人で外出していった。

 

(私の入院期間と、産後、

実家へ帰っていた期間を合わせれば、

約10ヶ月…完全に独身気分に

戻っちゃったのかも……)

 

いくら言っても全く育児に参加せず、

一向に父親としての

自覚を持とうとしないテツヤ…

 

話し合おうとしても、

「仕事が忙しいんだから

仕方ないだろ!」とか、

「今は疲れてるんだ!

ちょっとは気を遣えよ!」とか、

逆ギレして話し合いにならない。

 

(このままずっと、

こんな感じの生活が続くのだろうか…

これで家族って言えるの…??

両親や義両親に相談すべき?)

 

悩みながら過ごしていた

ある日のこと…

テツヤが出した洗濯物の衣類の中に、

キャバクラの名刺が紛れていた。