※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第14話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」

前回の内容はこちら▼

【第13話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 (タヌマには会いたくないなぁ〜…… 夜だし、きっと居ないよね…?) 店内は比較的すいていて、 すぐに席に案内された。 注文を済ませて、何気なく 店内を見回していると、 ナ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」
こちらもおすすめ▼ 本編 私はスカミ。33歳で 某百貨店に勤めている。 その日は平日で、仕事が休みだった 私は、昼前になってようやく ベッドから起き出した。 (今日は…お洋服を見て回って… そのあと映画でも見ようかな〜…) ザッ...

本編

ナカオ店長「それでは、

どうぞごゆっくり。今日は

長くはお待たせしませんので…」

 

ナカオ店長は口元に

笑みを浮かべて去って行った。

私は会釈をしながら見送ったあと、

ボンヤリとタヌマの事を考えた。

 

すると、あの日現場に居合わせた

らしき店員が、他の店員に、

小声で事件の話をしているのが

聞こえて来た…

 

店員A「…………って事が

有ったのよ!」

 

店員B「え〜〜っ!そりゃ、

辞めさせられても仕方無いですね!」

 

話に聞き耳を立てていると、

どうやらタヌマはあの日、

この店の後に、別のバイトの

予定があったらしい。

 

だが、ナカオ店長に怒られて、

慌てて材料を取りに

飛び出して行ったせいで、

別のバイト先に連絡を入れる事が

出来なかったらしく…

 

遅刻を怒られるのが嫌で、

結局そのまま無断欠勤をしてしまい、

結果的に、両方のバイトを

​​クビになってしまったらしい……

 

(うわ〜……ちょっと

不憫だけど…まぁ仕方無いな!

これが社会ってもんよ!)

 

自業自得な結末に溜飲を

下げていると、湯気を立てながら、

たっぷり海老天丼が運ばれてきた。

 

私は早速サクサク・プリプリの

海老天にかぶりつくと、

タヌマの事など、

もう忘れてしまったのだった……

 

おわり