※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第6話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」

前回の内容はこちら▼

【第5話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 タヌマからの度重なる酷い扱いに よって、イライラメーターが 振り切れてしまった私は、 ペコペコのお腹を抱え、 静かに文庫本を読みながら、 復讐の時がやって来るのを 待ち続け...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」
こちらもおすすめ▼ 本編 私はスカミ。33歳で 某百貨店に勤めている。 その日は平日で、仕事が休みだった 私は、昼前になってようやく ベッドから起き出した。 (今日は…お洋服を見て回って… そのあと映画でも見ようかな〜…) ザッ...

本編

男性店員「すみませんお客様。

ご注文はお済みでしょうか?

それとも……既にお食事は

お済みでしたか?

もしお済みでしたら、

温かいお茶をお持ちしますが…」

 

柔らかい物腰の男性店員の名札に

目をやると、『店長ナカオ』

と書かれていた。

このファミレスでは、

食事が終わった後にはいつも、

温かいお茶を出してくれる。

 

ずっと座り続けている

私のテーブルに、お水のグラスしか

置かれていないため、

確認の為に尋ねてきたのだろう。

 

(やっとこの時が来たか……!!)

 

はやる気持ちを抑えながら、

私は、あえて平然とした顔で、

普通の口調で答えたのだった。

 

スカミ「注文は済んでますよ。

もうかれこれ…

2時間以上も前に……」

 

ナカオ店長「あぁ…では、

もうお食事はお済みなんですね…?

分かりました。今、温かいお茶を

お持ちしますね」

 

そう言って軽く頭を下げ、

去って行こうとするナカオ店長に、

私は少し大きめの声で言った。

 

スカミ「いいえ。

まだ食事はまだ済んでいません。

2時間以上、待ってるんです」

 

ナカオ店長は行こうとした足を止め、

キョトンとした顔で、

もう一度私を見た。

 

ナカオ店長「え…?」

 

スカミ「ですから…私は入店して、

注文をしたっきり、2時間以上

ず〜っと待たされ続けているんです!

注文したお料理は、

まだ来ていません!」

 

ナカオ店長「えっ!?!?」

 

ナカオ店長は言葉の意味は

理解したものの、まさか…

といった表情で聞き返してきた。