※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第5話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」

前回の内容はこちら▼

【第4話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 仕方なく、男性店員が近付いて 来たところを見計らって、 もう一度声をかけてみたのだが…… スカミ「あの〜…すみません!」 男性店員「お待ち下さいって 言ってんだろ!!」...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】ファミレスで注文して2時間後→店長「お客様ご注文は?」
こちらもおすすめ▼ 本編 私はスカミ。33歳で 某百貨店に勤めている。 その日は平日で、仕事が休みだった 私は、昼前になってようやく ベッドから起き出した。 (今日は…お洋服を見て回って… そのあと映画でも見ようかな〜…) ザッ...

本編

タヌマからの度重なる酷い扱いに

よって、イライラメーターが

振り切れてしまった私は、

ペコペコのお腹を抱え、

静かに文庫本を読みながら、

復讐の時がやって来るのを

待ち続けた…

 

周りのお客さん達は次々と

食事を終えて去って行き、

また新しいお客さんがやって来ては、

食事を終えて帰って行った…

 

回転するお客さん達の中、

私だけが1人ポッカリと取り残され、

1時間が経ち…1時間半が経った。

それでもやはり私のテーブルの上

には、いっこうに料理は届かず、

ただ時間だけが流れて

いったのだった……

 

ランチタイムのピークが過ぎ、

店内にポツポツと空席が出始めた頃…

さっきまでは見かけなかった、

スーツ姿の男性店員が、

店の中を行き来し始めた。

 

どうやらアルバイトとは違い、

社員さん…それも少し上の

立場の人のようだった。

私の待ち時間はその時、

2時間を過ぎていた…

 

オーダーが落ち着き、店員さん達にも

少し余裕が出て来たおかげか、

ずっと座り続けている私の存在に、

ようやく気付く人が現れた。

数人で集まり、私の方を見ながら、

何やらヒソヒソと話をしている。

 

(タヌマ以外の店員さん、

誰でもいいから、早く来て…!!)

 

内心そう思いながらも、

あくまで平静を装って

読書を続けていると……

ついに!スーツ姿の

男性店員が声をかけてきた。