※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第12話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…

前回の内容はこちら▼

【第11話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 今にして思えば、契約成功おめでとう の純粋な意味で、缶ビールを ふるまっておいて良かった。 ケイタはお酒にあまり強くない。 その割に飲みたがるのだけど、 今回ばか...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…
こちらもおすすめ 本編 私はアスカ。29歳の専業主婦だ。 とは言っても、ちょいちょい 在宅ワークで家計の足しを稼いでいる ので、兼業寄りって立ち位置かな。 3歳年上のフリーランスワーカーを している夫ケイタ、 今年5歳に...

本編

あらためて、夫のサイコっぷりを

認識した。

とはいえ、ケイタを呼びつけなければ

話にならないので、表向きは

気持ちよく夫の意思表明を歓迎した。

 

アスカ「そう?確かにケイタが

居てくれたら、心強いかも」

 

ケイタ「だろう!?相続に詳しい

仕事仲間もいるんだ。連れていくよ」

 

あのー、父はまだぴんぴん

してますけど。

早くも相続する気満々。

そもそも、あんたは関係ない!

と言いたいのはやまやまだった

けれど、とりあえずはスルー。

車を飛ばせばおよそ30分で

到着するのがうちの実家だ。

そのうち駆けつけてくるだろう。

 

ケイタが言う

「相続に詳しい仕事仲間」

とやらも、一緒に来るんだろうな。

さぞかしお綺麗な仕事仲間がね。

 

こっちも迎え撃つ用意をしなければ。

やがて、ケイタと知らない女性が

二人して、車から降りてきた。

ああ、なるほど。

知らない女性といえばそうなのだが、

顔だけは知っている。

夫の仕事用と称した、

実は浮気用スマホのSNSアイコン。

やっぱり綺麗な女性だ。

 

私と同じくらいの年齢かな。

二人は、何がそんなに楽しいんだと

聞きたくなるほど、

にっこにこ顔だった。

でもほんの数秒で、すんっと冷めた。

それはそうだろうね。

意識不明と聞かされていた妻の父が、

見るからに健康体な姿で、

玄関前に仁王立ちしていたから。

 

ケイタ「あれ?あの……

意識不明では?」

 

アスカ父「誰が」

 

ケイタ「いやその、あのう」

 

アスカ父「悪かったな、

期待に反して元気で」