※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第5話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…

前回の内容はこちら▼

【第4話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 ケイタ「あれ? 俺のサブスマホ知らない?」 何とも段取りが悪いことに、 騒ぎ出したのだ。 あー、これもまただ。 この3ヶ月間、ケイタはよく 「知らない?」と言っ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…
こちらもおすすめ 本編 私はアスカ。29歳の専業主婦だ。 とは言っても、ちょいちょい 在宅ワークで家計の足しを稼いでいる ので、兼業寄りって立ち位置かな。 3歳年上のフリーランスワーカーを している夫ケイタ、 今年5歳に...

本編

言いたいことが伝わらない。

ますますイラっとくる。

どうも夫が何をやっているのか、

何がやりたいのか、

イマイチ伝わってこないんだよねえ。

 

そうこうしていたら、

ナナがメタルブラックの

端末を持って、玄関に現れた。

またもや、娘が見つけ

出してきたようだ。

 

ケイタ「あった!?よかった

よかった。どこにあったの?」

 

ナナ「トイレの棚だよー。

この間もそこで見つけたの。

だからまたあそこかなって思って」

 

ケイタ「そうかぁ。

いやー、ありがとありがと!

ナナは名探偵だな。

さすが探偵シリーズの大ファンだ」

 

ナナ「そうでしょー!?

パパ、帰ってきたら最新作を

一緒に見ようね。こないだ、

テレビでやってたの。

ママに録画してもらったから」

 

ケイタ「おー、そうか。

わかった、パパも楽しみにして、

仕事がんばってくるからね」

 

出勤前の、とんだひと騒ぎだった。

どたばたしたけれど、何はともあれ、

ケイタは出勤していった。

彼は会社員ではないが、仕事仲間が

共同で借りているワークスペース?

共有事務所的な?そういう場所が

あって、まずはそこへ行くという。

 

時間もまちまちだ。

ほとんど夜ばっかりなのだけど、

たまに昼11時くらいに

出かけることもある。

 

娘が通う幼稚園は通園バスが

あるので、お迎えは指定された

バスの停留場。

だいたいは行ってくれる。

そういうところは、とても協力的だ。