※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第14話】娘の婚約者との食事会にキチママ登場!→突然コーラをかけられ…

前回の内容はこちら▼

【第13話】娘の婚約者との食事会にキチママ登場!→突然コーラをかけられ…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 私は当然、昼のパートも 夜のスナックも、ちゃんと 休みを入れておいたんだけど… 急遽スナックの方に欠員が 出ちゃってさ… 雇われママの私としては、 代わりに入れ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】娘の婚約者との食事会にキチママ登場!→突然コーラをかけられ…
こちらもおすすめ 本編 あ、まずは自己紹介ね。 えっと、私はアスカ。37歳。 シングルマザー。 子供は娘が1人。名前はサアヤ。 もう社会人として立派にやってる。 旦那とは死別。それ以来 ずっと独身で、私はサアヤを 育て上...

本編

タカシ「お疲れ様です!いや〜!

今日は一段とお綺麗だな〜!」

 

サアヤ「ママ〜!遅いよ〜!」

 

ミツヒロ「お母様、初めまして」

 

アスカ「ミツヒロさん、

やっとお会いできましたね!

サアヤの母のアスカです」

 

私はミツヒロと対面し、

お互い少し照れながら頭を下げた。

顔を上げ、改めてミツヒロを見ると、

にこやかな笑顔でこちらを向いた

ミツヒロの顔が、見る見る

驚愕の表情に変わっていった。

 

アスカ「え?」

 

ミツヒロの視線を追って

振り返った途端、

 

バッシャーーーン!!!!

 

顔面に冷たい液体がぶちまけられる

感触…広がる甘い香り…

そしてツーンと痛くなる鼻…

両手で顔をぬぐい、反射的に

閉じていた目をゆっくり開けると……

 

そこには、なんだか見覚えのある

おばさんが、鬼婆フェイスで

立っていた……

 

アスカ「………は?」

 

私の髪や服から滴り落ちる

茶色い液体と馴染みのある香り…

おばさんが握りしめてる空のグラス…

そして、おばさんの後ろで

トレーを手にオロオロする店員…

 

状況から推測するに、

どうやらおばさんは、

店員が運んでいたコーラのグラスを

トレーから引ったくり、

私に向かってぶちまけたっぽい……

 

おばさん「アンタ!!この前、

会社の前で会った女よね?!

2度と現れるなって言ったのに!!

食事会にまで来るなんて…

いったいどこから

嗅ぎつけてきたの?!」