※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第27話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ

前回の内容はこちら▼

【第26話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 エツコ「え……離婚……?? どういうこと…なんで急に… そんな……離婚なんて嫌よ!!」 嘘が暴かれ、一旦大人しくなった エツコだったが、『離婚』という言葉 を聞...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】大家「半年も家賃を払わないなら出ていけ!」→俺「払ってます…」証拠を見せると衝撃の展開へ
こちらもおすすめ▼ 本編 俺はスカオ。34歳、独身。 仕事はIT系の技術職。 現在住んでいる賃貸マンションが 原因で、言われなき中傷を 受ける羽目になった。 ドアtoドアで、職場まで20分。 駅近、コンビニ近、 スポーツ...

本編

サクラコは静かに、

怒りの涙を流していた。

エツコは急にスマホを取り出し、

震える指で操作を始めた。

そしてスマホを耳に当て、

電話が繋がるのを待っているよう

だった。すると……

 

部屋の中で、スマホの着信音が

響いた。エツコは目を見開いて、

音のする方…サクラコの方を見た。

 

サクラコ「父に電話しても無駄よ。

スマホは私が持ってますから」

 

ハンカチで涙を押さえていた

サクラコは、バッグの中から着信音の

鳴るスマホを取り出し、音を止めた。

 

サクラコ「これはもう

解約するよう、父に頼まれました」

 

(周到だな…!!

まぁ、準備期間が4ヶ月も

有ったんだから、当然か……)

 

サクラコ「あと、今住んでいる

マンションも、売却する

手はずになってますから。

近日中に出て行って下さいね。

家具や電化製品なんかは……」

 

サクラコは、話している途中で、

スマホの画面を確認した。

 

サクラコ「あぁ…ちょうど今頃、

運び出してるわね。

あなたの物はちゃんと残して

ありますから、どうぞご心配無く」

 

見事としか言いようの無いほど、

完璧にお膳立てされた

サクラコ親子の計画……

エツコは茫然自失で言葉を失い、

俺は感嘆して舌を巻いた。

 

サクラコ「あ、そうそう!」

 

(えっ!?策士サクラコ、

まだなんか有るの!?)

 

サクラコ「スカオさん、

告訴の件ですけど、

どうぞなさって下さい。父も私も、

そうして頂いた方が有り難いです。

親族間だと、横領は

処罰できないらしいので…」

 

スカオ「あ、あぁ……そうですか。

わ…分かりました!」

 

サクラコ「管理会社の方にも、

迷惑行為で訴えて貰えるよう

頼んであります。イザキさんの

お話だと、証拠を取って

下さっているそうですね」