※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第15話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…

前回の内容はこちら▼

【第14話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 イリエ「私、さっきから、 あなたの話を聞いていて、 本当は少し羨ましかった… きっと、あなたは 彼の本命なんですよ。 彼の勤め先を知っていると 言う事は、『タカヤ』という...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…
こちらもおすすめ▼ 本編 私の人生最大の修羅場…… これは、当時26歳の頃の話… 私はスカミ。とある大手企業の 総合受付で働く、いわゆる“受付嬢”。 婚約者のタカヤは、32歳。 取引会社の担当営業マン。 細身の長身を仕立ての良いス...

本編

私はその場で、イリエさんの

力になるとは言えなかった。

 

(その前に、まずは確かめなきゃ…)

 

涙をぬぐいながら、

「そろそろレストランに

戻らなきゃ…」

と言うイリエさんと

連絡先を交換し、別れた。

 

バッグに入れたままだったスマホを

確認すると、タカヤからメッセージの

返事が届いており、

 

[トイレから戻ったら、スカミが

消えてて心配したよ。実家、大丈夫?

落ち着いたら連絡して。]

 

と書かれていた。

辻褄合わせの為に一旦実家へ戻った

私は、タカヤにメッセージを返し、

祖母が倒れて入院したと嘘を重ねた。

タカヤは全く疑っていない

ようだった。

 

私は実家で一晩過ごし、

両親にはまだ打ち明けずに、

1人で今後の計画を練った。

 

(まずは…マッチングアプリが、

タカヤ本人のものかどうかから

確かめよう……)

 

私は早速マッチングアプリに

登録した。

名前や生年月日などの情報は

デタラメを入力し、顔写真は、

大人しそうな女性の写真を

ネットで拾って使った。

 

記憶を頼りに彼のアカウントを

探し出し、こちらから

コンタクトを取ると、

すぐに彼からメッセージが来た。

何度かやり取りをした後、

デートに行く流れとなり、

待ち合わせの約束を取り付けた。

 

そして当日……