※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第8話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…

前回の内容はこちら▼

【第7話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 公園のベンチに並んで腰掛けると、 イリエさんは私の左手の薬指へと 視線を動かし、 大粒のダイヤモンドが輝く エンゲージリングを見て、 驚いたように尋ねてきた。 イリエ「あ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】婚約者の彼と高級レストランへ→入店後すぐに伝票が渡され…
こちらもおすすめ▼ 本編 私の人生最大の修羅場…… これは、当時26歳の頃の話… 私はスカミ。とある大手企業の 総合受付で働く、いわゆる“受付嬢”。 婚約者のタカヤは、32歳。 取引会社の担当営業マン。 細身の長身を仕立ての良いス...

本編

深刻な表情のイリエさんが、

熱弁しながら少しずつ

にじり寄ってきたので、

私はちょっと怖くなり、

少しずつ横にズレて距離を保った。

 

(今日初めて会った人から、

突然そんなことを言われても…

私はタカヤを信じてるし、

愛してもいる。信頼の天秤は当然、

タカヤに傾くに決まってる!

イリエさんが嘘を言っているようにも

思えないけど…こんな話、

そう簡単に信用出来る筈がない…)

 

スカミ「急にそんな事を

言われても、はい分かりました、

とはなりませんよ…

イリエさんとは、

さっき会ったばかりだし…

何か証拠は有るんですか?」

 

怯える私の様子に、ハッと我に返った

イリエさんは、「ごめんなさい…」と

謝った。

 

イリエ「私、つい…そうですよね。

ハハ…証拠も無しにこんな事を

言われても、信じられませんよね…」

 

イリエさんは自嘲気味に笑うと、

思い出したようにポケットから

スマホを出して、何かを探し始めた。

 

イリエ「あ、あった!これです!!

彼、写真は嫌いだって言って、2人で

撮るのを嫌がってたんですけど、

頼み込んで一度だけ、

記念に撮った事があったんです…」

 

そう言って、イリエさんは

スマホの画面を見せてきた。

私が恐る恐る覗き込むと…

どこかの旅館で撮った写真だろうか…

浴衣姿のイリエさんの隣に、

お揃いの浴衣を着て映っていたのは…

確かに私の婚約者、

タカヤ本人だった…

 

(あ…本当だ…)画面に見入る私に

向かって、イリエさんは話を続けた。

 

イリエ「この写真を撮った当時、私は

本気で彼との結婚を考えてました。

と言っても、さっきも言ったように、

騙されてたんですけどね…」