※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【スカッとする話】高2の娘の妊娠が発覚!相手の名前を聞いても頑なに拒否→その理由が…【第10話】

前回の内容はこちら▼

【スカッとする話】高2の娘の妊娠が発覚!相手の名前を聞いても頑なに拒否→その理由が…【第9話】
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 ミホ「え?突然どうしたの? …父さんたちだけ…だよね?」 義父「ん?どうした? 誰か来る予定なのか?」 ミホ「いや…。ちょっとね…。 まぁ、入ってよ」 スカオ「そうだ...

1話から読みたい方はこちら▼

【スカッとする話】高2の娘の妊娠が発覚!相手の名前を聞いても頑なに拒否→その理由が…【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 これは、2年前に俺の家族に 巻き起こった、とんでもない 騒動の話だ。 俺はスカオ。38歳。 家族は、3歳年下の妻ミホと、 高校2年生の娘サクラ。 ミホは情に厚く美人で心優しいが、 怒らせると怖い(笑) サクラ...

本編

義父「だけどまぁ〜。喧嘩に

なったら、スカオ君とミホだけで、

コテンパンに出来ると思うけどな!」

 

スカオ「いやいや、お義父さん…。

勘弁して下さいよ〜」

 

義父「スカオ君、いいか?冷静にな。

先に手を出しちゃいかんぞ」

 

スカオ「……はい」

 

(お義父さんこそ…。

『“先に”手を出しちゃいかん』とか

言っちゃって…。心配だなぁ…)

 

ミホ「ところで…。お父さんたち、

今日はどうしたの?急に来るなんて。

タクヤも一緒なんて、

珍しいじゃない」

 

義父「あぁ。タクヤが急に、

スカオ君の家に行くから一緒に

来てくれ、って言うもんだから…。

理由も分からず来たんだよ」

 

ミホ「え?そうなの?

タクヤ、何か相談事?

今日はこういうわけだから…

後回しになっちゃうけど…。いい?」

 

タクヤ「う、うん…」

 

スカオ「どうした?タクヤ君、

元気が無いな…。大丈夫か?

仕事で疲れてる…とか?」

 

タクヤ「あ…いや…。その……」

 

ミホ「タクヤが仕事で疲れるわけが

ないでしょ!ニートなんだから。

どうせ夜中までゲームしてたとかで、

寝不足なだけでしょ?」

 

タクヤ「う、うん…。

寝不足は寝不足なんだけど……」

 

ミホ「それにしても遅いわね!

30分くらいで来るって

言ってたんでしょ?もうそろそろ

1時間になるじゃない…」

 

義父「だから!非常識で、

いい加減なヤツらなんだよ!!」

 

(うわ。お義父さん、また

怒り出しちゃって…。マズいぞ…)

 

スカオ「サクラ、相手は近くに

住んでるのか?電話してみたら

どうだ?場所が分からないのかも

しれないぞ?」

 

サクラ「えっと……うん…」