※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第2話】夫「主婦は贅沢するな!暖房禁止!」→お望み通り私が節約に乗り出すと…

こちらもおすすめ▼

【第1話】結婚式前日、嫁の髪をバリカンで剃る姑
こちらもおすすめ▼ 本編 私はスカコ。 仕事から帰った早々、 義母に雑巾を放り投げられた。 しかも顔めがけて。 しかもしかも、トイレ掃除用のやつ! とんでもない目にあっている、 25歳の新婚ほやほやOLだ。 義母「あんた...
【スカッとする話】中学の同窓会でぶりっ子に水をかけられた【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 私はスカ美。 大学卒業を控えた22歳だ。 今、中学校同窓会のお知らせ はがきを手に、迷っている。 出席をためらう理由は、 中学時代の嫌な思い出だった。 はっきり言えば、元クラスメート のブリコと会うのが嫌だ。 ...

前回の内容はこちら▼

【第1話】夫「主婦は贅沢するな!暖房禁止!」→お望み通り私が節約に乗り出すと…
こちらもおすすめ▼ 本編 私の名前はスカコ。専業主婦。 家族は、会社員の夫・コウジと、 小学4年生の娘・リコ。 3人家族、裕福とは言えないものの、 なんとかやり繰りして、これまで それなりにやって来れたのだが… 酒好き...

本編

コウジ「俺って、職場で結構頼りに

されちゃってるからさぁ〜、

部下から、仕事やプライベートの事で

相談される事も多いワケ!!

それを無下には出来ないだろ?!

部下に金を払わせるわけにも

いかないし…これは仕事の

必要経費なんだよ!!」

 

(え…仕事の必要経費って…

本当にそうなら、

自腹切るのおかしいでしょ…

会社に請求出来るはずでしょ…

いくら私が社会経験少ないからって、

それくらい分かるんだけど…)

 

思わずツッコミたくなったが、それを

言うとまた「それは例えだ」とか、

「それくらい重要って意味だ」とか

「そんなこと、いちいち言わなきゃ

分からないのか!これだから

専業主婦は…」とか言われそうなので

私はグッとこらえて、

別角度から説得を試みた。

 

スカコ「でも…それなら、

お酒は飲まなくても

いいんじゃないの?

相談に乗るなら、喫茶店とか…

食事だけでもいいと思うんだけど…」

 

コウジ「ハッ!!

これだから専業主婦は!

社会人にはな、素面じゃ

話せないような事も

沢山あるんだよっ!!」

 

スカコ「それにしたって…

週の半分以上も飲み会って、

いくら何でも多すぎるよ!

リコも春から高学年だから、

塾に通わせてやりたいし…

正直、余裕が無いのよ。

ちょっとは協力してくれない?」

 

飲み会で仕事のストレスを

発散したいのも分かるし、

気前良く部下に奢るのも、

きっと気分が良いのだろう。

 

でも…週に何度もそんな事が

出来るような稼ぎで無いことくらい、

自分が一番分かっているはずなのに…

ところがコウジは、理解してくれる

どころか、本格的に怒り出した。