【スカッとする話】子供の学歴マウントママ「低学歴が来るとバカがうつるw帰ってw」 帰ろうとすると…【第9話】

前回の内容はこちら▼

【スカッとする話】子供の学歴マウントママ「低学歴が来るとバカがうつるw帰ってw」 帰ろうとすると…【第8話】
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 よりによってワルコさんの 息子さんの名前が出てきて、 私はちょっとどきっとした。 トウゴには、 悪気も何もない様子だ。 トウゴ「うん。俺が 自分の進路の事を言ったら、 め...

1話から読みたい方はこちら▼

【スカッとする話】子供の学歴マウントママ「低学歴が来るとバカがうつるw帰ってw」 帰ろうとすると…【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 トウゴ「母さん、決めたよ。 俺は進学しない」 一人息子のトウゴが、 気持ちを固めたといった 表情を私に見せた。 高校二年生の春、 いよいよ本格的に 進路を決める時期だった。 一年生の時からずっと、 私、夫カズ...

本編

トウゴも良かれと思って

誘ったら、友達が母親に

叱られたなんて結末は

いい気持ちになれないだろうし。

 

アスカ「分かってると思うけど、

トウゴが通っている場所は

いろいろ危ないのよ。

見学は、保護者の許可が

必要になると思う。

ヤスキくんが本気なら、

お母さんもあちらのお母様に

お話をするから、

一度確認してくれる?」

 

トウゴ「分かった」

 

しばらくして、トウゴが

スマホの画面を見せてきた。

 

トウゴ「ヤスキは

行ってみたいって」

 

アスカ「そうなの。じゃあ、

お父さんが帰ってきたら、

詳しい話をしましょうか」

 

なんだか、妙な方向に

話が行っている気がする。

でも、まぁ乗りかけた船

って言葉もある。

話を進めるには、どうしても

ヤスキくんの保護者と打ち合わせ

しなければならないだろう。

私は、気は進まなかったが、

ワルコさんと話し合う機会を

持とうと決めた。

 

その後、私の方からも

一度お会いしたいという

メッセージを、息子に託した。

ランチ会に参加する事となった。

例によって、

PTA活動臨時委員募集の

プリントに、ちゃっかり

私信が書かれているものが、

息子から手渡された。