※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第21話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…

前回の内容はこちら▼

【第20話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 電話の向こうからは、戸惑いと共に、 何か、感極まっているような 雰囲気が伝わってきた。 スカミ「母は今、どこで何を しているのか、連絡先などは、 ご存知ではないでしょうか...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】退院後の母が別人になっていた→その後知った最悪の真実に震えが止まらず…
こちらもおすすめ▼ 本編 私は幼少期に、 とても奇妙な体験をした記憶がある。 ずっと心に引っかかっていた その体験の裏に、まさか、 あんな真実が隠されていたなんて… 私の名前はスカミ。21歳。会社員。 まず、私の人生を大...

本編

自分はもうすぐこの世から

居なくなってしまうのだから、

後に残される私のことは、

父と祖父母に託すしかない。

もしかしたら、浮気相手が

次の母になる可能性だってある。

だからせめて、私に優しくして

もらえるようにしなくては。

 

そう言って、父や祖父母、浮気相手の

気分を害してしまわないよう、

ひたすら我慢し、

耐え続けていたそうだ。

そしてついにある日、私を保育園に

送った後に自宅で倒れて入院し、

2ヶ月も経たないうちに

亡くなってしまったそうだ…

 

(入院して2ヶ月も経たずに

亡くなったって…じゃあ、

お母さんが亡くなるや否や、

今のお母さんを家に招き入れたって

こと…??そんなの酷すぎる!!!)

 

入院中、家族は誰も見舞いに訪れる

ことはなく、お葬式もあげて

もらえなかったらしい。

 

山口さん「それにね…

こんなことをいうのも何だけど、

お母さんのご両親の遺産も

あったはずなのに…

スカミちゃんに残そうと

していたみたいだったけど、

スカミちゃんが受け取って

いないのだとしたら、

いったいどうなったのか…」

 

そう言って、山口さんは電話の向こう

で悔し涙を流しているようだった。

私はあまりの真実に呆然となり、

何を言っていいのか分からず、

とりあえず山口さんに

お礼を言って電話を切った。

母はあの当時、どんな気持ちで

過ごしていたのだろう…

病に侵されたつらい体で、

5歳​​の娘ばかりか、

義両親の世話までさせられ、

夫は浮気相手の所から帰って来ず…

 

それはまさに地獄のような

日々ではなかっただろうか…

その上、自宅で倒れて入院しても、

誰も病院に来てくれず、

死後はお葬式もあげてもらえず…

浮気相手は自分を騙って

家に入り込み、娘に母と呼ばせて、

娘に残したはずのお金も渡されず…

 

どれほど恨めしかっただろうか…

死んでも死に切れないとは、

このことではないか…

私は5歳​​だったから…

何も気付かず、1人で苦しむ母を

助けてあげることも出来なかった…

そして今まで

何も知らず、連絡をくれない母を

恨んだことさえあったのだ…

 

(お母さん…ごめんなさい…

ごめんなさい…)

 

涙が次から次へと溢れてきた。

ただ、母が不憫でならなかった。