※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第31話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…

前回の内容はこちら▼

【第30話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 その後、弁護士からタクヤの元に 通知書が送りつけられた。 困ったタクヤは、 すぐ両親に泣きついたらしい。 実はタクヤは資産家の三男坊だった そうで、家賃、生活費、学費は ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】18歳で出産後、彼氏に捨てられた私→駅で出会ったコワモテの人に赤ちゃんを見せると…
こちらもおすすめ▼ 本編 皆さんには、『命の恩人』と 呼べるような人物はいるでしょうか? 私にはいます。 あの日…私は、数日前に 生んだばかりの赤ちゃんを抱え、 行き場を無くして途方に暮れていた。 もしもあの時、 『命の恩人』に...

本編

ユキ「スカミちゃんはもう大丈夫。

ご両親だっていらっしゃるし、

この家の事は忘れなさい」

 

スカミ「え…?ユキさん…

どうして……??」」

 

ユキ「スカミちゃんは、カタギの

お家のお嬢ちゃんなんだから。

ヤ●ザなんかに

関わらない方が良いの。

カタギの世界で幸せになりなさい。

もうここへ来ちゃダメよ!

分かった?」

 

厳しい声でそう言うと、

ユキさんは一方的に電話を切った

きり、もう出てくれなくなった。

何度もしつこくかけていると、

そのうちに着信拒否を

されてしまったようだった。

 

一度だけ、ツバサを抱いてお

家の前まで行ったけど、

ピンポンを押しても、

誰も出て来てくれなかった。

 

(あぁ…もう、会えないって

事なんだな……)

 

そう言えば、ユキさんのクラブへ

行った後にも、叱られた事があった。

 

私が「成人したら、ユキさんの

お店で働いて、恩返ししますね!」

と言った時だ。

 

ユキ「夜の仕事にはね、

覚悟や野心が必要なの。

スカミちゃんには向いてないわ。

本当に恩返しがしたいなら、

カタギの世界に戻って、

そこで幸せになってちょうだい!」

 

いつになく、真剣な表情で私に

言ったユキさんのことを思い出した。

 

(ユキさんは、いつか私と会えなく

なるって、分かってたんだな…)

 

ものすごく寂しい気持ちに

なったけど、後から思えば、

それが、コワモテの親分さんと

ユキさんからの、

最後の愛情だったのだろうと思う。

本当に、かっこいい人達だと思う。