※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第10話】夫「睡眠は3時間までだ!」→お望みどおりにした結果w

前回の内容はこちら▼

【第9話】夫「睡眠は3時間までだ!」→お望みどおりにした結果w
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 私はそそくさと廊下へ戻り、 掃除用具を収納から持ち出して、 さっそくスイッチオン。 容赦なく、騒音を まき散らしてやった。 ヨシオ「うるさい!」 なんか、背後...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】夫「睡眠は3時間までだ!」→お望みどおりにした結果w
こちらもおすすめ▼ 本編 スカコ「え?ちょっと待って! もう一回言って?」 夫ヨシオのあり得ない要求は、 もちろん聞き取れた。 意味も分かる。 でも、意図が全く分からない。 どういうことよ、 睡眠時間を3時間にしろだなん...

本編

一度決心を固めたら、

体は勝手に動いてくれた。

怒鳴り疲れたらしいヨシオが、

ぼう然と立ち尽くす中、私は掃除

洗濯、朝食作りに精を出した。

どうせなら、とことんまで

やってやると思ったので、

一通りが済んだら、玄関、

廊下とていねいに水拭き。

窓もピカピカ、もちろん

トイレも抜かりなく。

 

ヨシオ「おまえ、時間を考えろよ!」

 

スカコ「何で?あなたは、

午前9時から家事開始とは

指示してないよね?

だったら私のタイミングでやるわよ、

あなたも自分のタイミングを

大事にしてるみたいだし、いいよね」

 

旦那がよくて、女房がダメだという

話にはならないよねぇ。

私はそう言い放って、

後は無言の圧をかける事にした。

どうやら、びびったらしい。

ヨシオは反論をやめて、

用意した朝食をもそもそと

食べ始めた。この時、午前5時。

 

夫は今日も休みだという事で、

食後は二度寝をすると決めたようだ。

すぐ寝室に戻ったけれど、

そんな気持ちよくおねんねなんて、

誰が許すものか。

 

スカコ「さっきできなかったから、

今やるね」

 

私はすかさず彼の後を追い、

またもや盛大に掃除機をフル稼働

させた。オリジナルソング付きで。

ベッドにもぐりこんだものの、

ガーガーとうるさい上に、

私のでたらめソングも機械音に

混じるものだから、

まぁ寝つけるわけはない。

 

ヨシオ「うるさいって

言ってるだろうが!」

 

スカコ「掃除を~

がんばろぉ~気持ちよく掃除ぃ」

 

ヨシオ「ふざけてんのか、おまえ!」