※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第3話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…

前回の内容はこちら▼

【第2話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…
前回の内容はこちら▼ こちらもおすすめ 本編 そして今も、 3万貸してと言っている。 先週、2万渡したばかりなのに。 しかも最近は、 こっちから持ち出す一方で、 ちっとも家計に入れてくれない。 金と、私のちまちま在...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…
こちらもおすすめ 本編 私はアスカ。29歳の専業主婦だ。 とは言っても、ちょいちょい 在宅ワークで家計の足しを稼いでいる ので、兼業寄りって立ち位置かな。 3歳年上のフリーランスワーカーを している夫ケイタ、 今年5歳に...

本編

そして、もう一つ。

 

ナナ「あ、パパだぁ!」

 

ケイタ「ナナちゃーん!」

 

ナナ「パパ、もうお仕事終わったの?

一緒に映画見る?」

 

ケイタ「ごめんね、これから

またお仕事なんだ。

ちょっとママにご用があって、

一回おうちに帰ってきたんだよ」

 

ナナ「えー、つまんないよー」

 

ケイタは娘を溺愛している。

ナナもパパっ子だ。

金銭感覚がちょっとアレな夫だが、

ここは立派だと思う点として、

会社員時代から娘との交流を

大事にしていた。

フリーランス宣言を受け入れたのも

 

ケイタ「俺は、アスカも

ナナも大事だ。

絶対に家族を泣かせない。

どんな方法をとってでも

金を稼いで見せる!」

 

彼の熱弁に心打たれたわけではない。

娘の誕生からずっとかわいがり

続けてきた、日ごろの積み重ねを

信じようと思ったからだ。

 

娘を大事にする、つまり仕事を

しっかりやって、家族を幸せにして

くれるつもりはあるのだろう、と。

今も、かなり「娘に免じて」夫を

許している、そういう気分がある。

 

ケイタ「ほんとごめん。

パパ頑張ってくるからね」

 

ナナ「わかったー。じゃあおうちで、

いい子にして、パパを待ってる」

 

夫に抱き着いていた娘は、

彼が外出するのだと察したらしく、

物分かりよい態度で離れた。

ケイタはナナの頭をなでて、

にこにこしながら、行ってきます。

と思いきや…