※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第2話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…

前回の内容はこちら▼

【第1話】深夜1時に娘が突然「今すぐパパと離婚して!」→理由を聞いた私は娘と慌てて逃げ出した…
こちらもおすすめ 本編 私はアスカ。29歳の専業主婦だ。 とは言っても、ちょいちょい 在宅ワークで家計の足しを稼いでいる ので、兼業寄りって立ち位置かな。 3歳年上のフリーランスワーカーを している夫ケイタ、 今年5歳に...

こちらもおすすめ

【第1話】夫から酷い仕打ちを受け続けた私→わずか10歳の息子の復讐劇がヤバすぎた
こちらもおすすめ 本編 13年の結婚生活が終わった… 振り返ってみれば、 苦しく辛いことの連続だった…… もっと早く何か、行動すべき だったのかもしれない… 自分の為ではなく、子供の為に…… 私はアスカ。39歳、専業主婦...
【第1話】幼稚園の先生から突然電話「迎えにきてもらえないと困ります!」→私「もういますけど?」先生「え?」
こちらもおすすめ▼ 本編 バラ組担任「いい加減に してください! 今何時だと思ってらっしゃいますか!? こちらとしても、お待ちするには 限度かあるんですよ!?」 いやー、驚いたわあ。 息子ユウマが通う幼稚園から、 珍しく...

本編

そして今も、

3万貸してと言っている。

先週、2万渡したばかりなのに。

しかも最近は、

こっちから持ち出す一方で、

ちっとも家計に入れてくれない。

 

金と、私のちまちま在宅ワークで、

何とかしのいでいる。

厳しい状態なのだ。

分かってるのかな、この人。

 

アスカ「あのさ、経費と唱えれば、

魔法のようにお金が湧いて

出てくるとでも?」

 

ケイタ「いや、そこまで

バカじゃない。

大変なのは分かってる。

でも、あと一押しなんだ。

この接待が成功すれば、

契約とれるんだよ」

 

渋る私に、だがケイタも

しぶとかった。

必死に食い下がってきた。

うっとうしくなって、

私は少し声を荒げた。

 

アスカ「根拠は?

契約確実と言い切ったからには、

根拠があるんだよね?」

 

ケイタ「フリーランスで

仕事をしてるんだ、守秘義務が

あるに決まってるじゃんかぁ。

そんなの言えないよ。

な、アスカ。あんまりワガママ

言って、困らせないでくれよぉ」

 

対するケイタは、なんとなく

甘ったれた感じの言葉遣いだった。

どうも、私はこの「甘えた」

彼の態度に弱いらしい。

結局この日も折れて、

言われるままに3万を

渡してしまった。

ああ、我ながらバカみたい。

 

夫に体よく利用されているの

だろうな、と思いつつ、

彼との別れに踏み切れないのは、

完全に自分の弱さと思う。