※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第8話】高2で妊娠し出産した私→その後、彼氏に捨てられて…

前回の内容はこちら▼

【第7話】高2で妊娠し出産した私→その後、彼氏に捨てられて…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 覚悟を決めて父親・母親に なったんだから、頑張るしかない! そう自分に言い聞かせた。 ところが…… ある日、私は突然ショウ君から、 吐き捨てるように こう告げられたのだ。...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】高2で妊娠し出産した私→その後、彼氏に捨てられて…
こちらもおすすめ▼ 本編 クッキリと2本の線が 浮かび上がった妊娠検査薬…… 私はしばらくの間、 それをただ呆然と眺めてた。 私の名前はスカミ。高校2年生。 (まだ高校生なのに…… どうしたらいいの……???) いつになく生理が...

本編

(ショウ君に捨てられたら、

私はまともに生きていくことすら

出来ない無能…

これから1人で、どうやって

ミソラを育てていけばいいの…?)

 

絶望する私をよそに、

ベビーカーからは、ミソラのご機嫌

そうなクーイングが聞こえてきた。

こんな時でも幸せいっぱいの、

可愛いらしい声を聞いた瞬間、

私は突如耐えきれなくなり、

嗚咽を漏らしながら、

道端でボロボロと涙を零した。

 

泣きながらあてもなく歩き続け、

ふと気が付くと、

近くの公園の入り口に、

ボーッと突っ立っていたのだった。

 

日曜の昼下がり、

公園には何人もの人影が見えた。

中央の大きな池の前まで進むと、

『あぶない!!深くてキケンです。

入らないでください』

と書かれた看板が…

 

それを見て、ふと、

 

(●んだら楽になれるかな…)

 

という考えが頭の中に広がった。

なぜか高校の友人たちの姿を

思い出し、

 

(みんなは今も

あの場所で笑ってるんだろうな…)

 

と羨ましくなり、すぐそばを

おしゃべりしながら歩いて行く、

仲の良さそうな親子連れの様子が

妬ましくなった。

 

ちょうど一年ほど前、

子供を産むと決めた自分自身が、

恨めしく思えたりもした。

ベビーカーを見ると、

いつの間にかスヤスヤと眠っている

ミソラの、天使のような寝顔…

その姿を見た瞬間、

また涙が溢れてきた。

 

(私はなんてダメな母親なんだ…)

 

ショウ君にとってはダメな妻で、

両親にとってはダメな娘で…

私は誰からも愛されず、

必要とされてもいない、

生きる価値のない人間…

私なんかいない方がいい。

 

もう●のう。●んでしまおう。

生きていたって迷惑なだけだ…

私はフラフラと、

池に向かって歩き出した。

 

すると、1人の少年が駆け寄って

きて、ミソラを乗せたベビーカーの

前で立ち止まる気配がした。