※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第3話】幼稚園の先生から突然電話「迎えにきてもらえないと困ります!」→私「もういますけど?」先生「え?」

前回の内容はこちら▼

【第2話】幼稚園の先生から突然電話「迎えにきてもらえないと困ります!」→私「もういますけど?」先生「え?」
こちらもおすすめ▼ 前回の内容はこちら▼ 本編 私はアスカ。 29歳の在宅ワーカーで、 一児の母だ。 夫、幼稚園年中で一人息子のユウマ、 私の3人家族。 うちには、4歳の息子しか 子供はいない。 そもそも、在宅ワーク...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】幼稚園の先生から突然電話「迎えにきてもらえないと困ります!」→私「もういますけど?」先生「え?」
こちらもおすすめ▼ 本編 バラ組担任「いい加減に してください! 今何時だと思ってらっしゃいますか!? こちらとしても、お待ちするには 限度かあるんですよ!?」 いやー、驚いたわあ。 息子ユウマが通う幼稚園から、 珍しく...

本編

私の考え通り、男の子のはしゃぎ声が

電話の向こうに届いたようだ。

えっ?という息を飲む音がし、

ぴたっと静かになった。

 

アスカ「ご理解いただけましたか?

今日は1時半に降園でしたね。

私は間に合うように幼稚園へ行き、

息子を引き取って、帰宅しました。

だいたい1時40分頃の事です。

それ以降はずっと、

自宅で過ごしておりましたよ。

ユリ組の先生に聞いて頂ければ、

はっきりします」

 

バラ組担任からは、返事は無かった。

何かを考え込んでいるのか、

自分の早とちりを恥ずかしく

思っているのかは、定かではない。

うちの幼稚園は、希望者が

送迎バスを利用する。

家が近い、出退勤のついでなどの

理由で、バスを使わない場合、

保護者が書類で送り迎えの申請をし、

原則として幼稚園側が把握している

人物にしか子供を引き渡さない

決まりだ。いわゆる連れ去り対策。

 

我が家の場合は、

在宅で仕事をしている私が

送り迎えを担当しており、

もちろん園にもアスカ名義で

申請してある。

万が一、私が何らかの理由で

ユウマを迎えに行けない場合は、

夫か義母が行くように

登録してもある。

それはどの家庭でも平等に、

同じ手続きをしているはずなのだ。

 

というわけで、今日も私が

責任をもって息子を送り迎えした。

何なら、ユリ組担任の先生と、

軽い雑談までしている。

先生に訊いてみればすぐ分かる話

なのに、バラ組の先生は

どうした事か。

思い込みが激しいのだろうか。