※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第2話】嫁が浮気中に事故→半身不随になり…

前回の内容はこちら▼

【第1話】嫁が浮気中に事故→半身不随になり…
こちらもおすすめ▼ 本編 スカオ「は? あ、あの、すみません。 もう一回お願いします」 突然かかってきた、 末尾番号0110の電話、 それは警察からのものだった。 何があったのか、さっぱり 見当はつかなかったが、0110が 警察署...

こちらもおすすめ▼

【スカッとする話】俺を異常に風呂に入らせたがる嫁。後日、病院で検査した結果…驚愕の事実が!【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 これは、5年前に俺の身に 起きた事件の話だ。 当時、俺は31歳。 嫁のヤバミは29歳。 友人同士の飲み会で出会った 俺たちは、当時、結婚3年目だった。 俺は地元の会社で、 営業担当として働いていた。 社員が1...

 

本編

同僚も、緊張した表情で

 

同僚「スカオ、後は任せろ。

奥さんが無事だといいな」

 

俺を送り出してくれた。

心臓がバクバクしている。

手のひらには汗……いや、

全身にも冷や汗がにじんでいる。

リッカ、いったい何があったんだ!?

車を飛ばして目的地の病院へ向かう

俺の頭の中は、パニック状態だった。

とりあえず、朝のやり取りを

思い出している感じだ。

 

スカオ「友達と旅行だっけ?」

 

リッカ「うん、ごめんねスカオ。

旦那が忙しいのに、

私だけ遊んじゃって」

 

妻のリッカは、両手を合わせて

俺を拝むような姿勢になった。

俺としては、謝られることじゃない。

確かに忙しいのだが、逆に言えば、

リッカと過ごす時間もロクに

作れないわけで。

学生時代からの女友達と、

一泊二日で近場の温泉に行きたいと

言うなら、快く送り出したい

心境だった。

 

スカオ「いや、いいんだよ。

俺こそごめん、いまプロジェクトの

大詰めで、全然休みが

取れないからな。

せめて友達と楽しんでおいでよ」

 

リッカ「ありがと!一緒に行くのは、

いつものマユコだから」

 

マユコという女性の名前は、

昔からよく聞いている。

写真を見た事もある。

いわゆる女子会といった飲みの場所、

ドライブに行った先の海岸とか、

そういうのを背景に自撮りしたやつ

を、何度も見せられた。

華やかな美人系のリッカとは

対照的な、物静かで清楚系って

感じの女性だ。