※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第7話】グリーン車の指定席に知らない大学生が!→妊婦の私から勝手に席を横取りし…

前回の内容はこちら▼

【第6話】グリーン車の指定席に知らない大学生が!→妊婦の私から勝手に席を横取りし…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 こういう時は、 やっぱり母が頼りになる。 その母も、仕事では役職について いて、実の娘である私を里帰り出産 させるのが限界という忙しさだ。 母には申し訳ないのだ...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】グリーン車の指定席に知らない大学生が!→妊婦の私から勝手に席を横取りし…
こちらもおすすめ▼ 本編 夫「ごめんな、スカコ。 今が一番大事な時だっていうのに」 しょんぼりと肩を落としつつ、 勤務先で言い渡された内容を 語る夫は、本当に申し訳ない という表情をしていた。 私は、帰宅早々 夫「ま...

本編

滅多に乗る機会が無いグリーン車の

様子にわくわくしながら、

自分の席を探す。

あった、ここだ……って、ええ!?

 

ヒロト「何スか?」

 

何で?何で人が座ってるの?

見るからに大学生風の若い男の子

が、どっかりと、私の席の

はずな場所に座り込んでいる。

物凄いくつろぎっぷりだった。

我が物顔とはこの事か。

 

ポテチの袋に缶コーヒー、駅弁、

暇つぶし用らしい雑誌や単行本が

数冊。みごとに散らかっている。

 

本人はといえば、大きな耳当て

みたいなヘッドフォンをつけ、

漏れっぱなしの音楽や効果音に

何の注意も払わず、

ゲーム画面らしいものを見ている。

 

指が忙しく動いて、

ゲーム操作用のスティックを

上下左右にぐりぐり。

そんな態勢で、そばに立った

私の気配には気づいたのだろう、

顔を軽くあげている。

 

スカコ「あの、ここは

私の席なんですけど」

 

ヒロト「……」

 

私を見上げたものの、

すぐにゲーム画面へ視線を

戻した若い男性は、

無言で遊びに没頭している。時々

 

ヒロト「あー、ちくしょう!

遅いんだよ、反応が!!」

 

獰猛にうなり、文句を吐き捨てて、

私の事なんかまるで無視。

これ、どうしたらいいの。