※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第2話】出産トラブルで嫁か子どもどちらを取るか判断することになった浮気夫

前回の内容はこちら▼

【第1話】出産トラブルで嫁か子どもどちらを取るか判断することになった浮気夫
こちらもおすすめ▼ 本編 スカコ「待って、レイジ! お願い話を聞いて、 本当に緊急事態なの! お腹が……痛い、赤ちゃんが! 赤ちゃんが!!」 私は、薄れていく意識の中で、 それでも全力を振り絞った。 スマホに呼び掛けて、...

こちらもおすすめ▼

【第1話】双子を出産直後、アポ無しで我が家に来る姑「嫁イビリに来たわよ!」
こちらもおすすめ▼ 本編 私の名前はスカコ。 生後3ヶ月の双子の赤ちゃん、 ヤマト​​とミナトを絶賛子育て中! ……なんだけど…もう…限界寸前で… 妊婦検診で双子だと分かった時から 覚悟はしていたつもりだったが、 実際こん...
【スカッとする話】クズ夫「目障りだ!トイレに住めよ!w」→お望み通り、トイレで生活してやった結果【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 私はスカコ。 会社員時代のスキルと特技を生かし、 フリーのデザイナーとして、在宅で 家事をこなしながら働いている。 夫のモラオとは、 10年前に結婚した。 息子のユウは夫の連れ子で、 今は小学6年生。2年前から...

本編

スカコ「待ってレイジ、

お願いだから、帰ってきて」

 

レイジ「仕事の付き合いっだって

言ってるだろう?おまえの大げさな

構とってちゃんアピールに、

振り回されてる場合じゃねえの。

契約とれなかったら、

どう責任とるんだよ、ばか」

 

レイジは無情だった。

スマホの通話が終了してしまった。

慌ててかけ直したのだけど、

通話拒否されたらしい。

 

ああ、どうしよう。

刻一刻と、事態は悪化の

一途をたどっている。

自分の体に起きている異変は、

床で大きくなっていく赤い

水たまりと、腹部の激痛から、

容易に察しが付く。

 

このままでは母子ともに危ない。

だけども、一番頼りたい夫は、

私の話を聞く気が無い。

 

スカコ「きゅ、きゅう、救、急」

 

必死に119番の救急コール。

そうしたつもりだった。

でも、よく分からなく

なってしまった。意識が半分以上は

消えてしまっているかのようだ。

 

次に目を覚ましたのは、

病室の中だった。

 

ベッドの横に誰かがいる。

私の手を握って、

声掛けしてくれているようだ。

 

スカコ「ええ?もしかして、ミホ?」

 

ミホ「スカコ!!良かった、

意識が戻った!!落ち着いて聞いて。

これから帝王切開なの、

でも大丈夫よ、気を確かに持って」

 

幼馴染のミホだった。

何がどうなったのかは、

さっぱり分からないのだけど、

とにかく私は助かったようだ。

 

泣いて喜んでくれているミホを、

ぼんやりしながら眺めつつ、

これまでの経緯を思い出してみる。

 

あれは確か……。