※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【第27話】妻が入った風呂の後に、なぜか毎日ひもがある→後日、俺は救急搬送され…

前回の内容はこちら▼

【第26話】妻が入った風呂の後に、なぜか毎日ひもがある→後日、俺は救急搬送され…
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 スカオ「まるで二次元のキャラクター のような…綺麗な男だな……」 探偵「整形ですけどね! ちなみにこちらの写真が元の顔です」 それは、さっきの写真とは 全く別人のような...

1話から読みたい方はこちら▼

【第1話】妻が入った風呂の後に、なぜか毎日ひもがある→後日、俺は救急搬送され…
こちらもおすすめ▼ 本編 夫婦2人、仲良く幸せに 暮らしているつもりだった… そう…あの日までは… 俺の名前はスカオ。43歳。 大手製造会社の企画開発部門に 所属する、ごく普通のサラリーマン。 妻の名前はエミコ。41歳...

本編

俺は会社に連絡し、

午後も休む旨を上司に伝えた。

上司は俺がまた病院に担ぎ込まれた

のではないかと心配してくれて

いたので、そうではない、

詳しくはまた明日報告すると

告げて電話を切った。

 

俺は午前中、

半休の電話をかけた時には、

午後からと言わず、探偵の報告を

聞いた後すぐ会社に行くつもり

だった自分を滑稽に思った。

 

(俺はなんて呑気だったんだ…)

 

帰宅すると同時にエミコは、

待ち受けていた警察に取り囲まれ、

警察署へと連行された。

エミコは最初しらばっくれていた

ものの、数々の証拠を見せられると、

素直に犯行を認めたらしい。

 

エミコは逮捕された。

俺は弁護士に依頼し、一度も

エミコに会う事なく離婚が成立した。

 

そうそう、最後に残った謎、

『トリカブト風呂に入った俺が

死にかけた時、エミコはどうして

救急車を呼んだのか?』

についても、エミコの証言から

答えが出た。

 

あの時、ついにトリカブトを使って

俺を●そうと実行に及んだエミコは、

さすがに恐ろしくなり、

リビングで震えていたそうだ。

 

風呂場で静かに死んでくれると

思っていた俺から、

給湯器の通話機能を通じて、

何度も何度もしつこく救急車を

呼ぶように言われ、エミコは

パニックになってしまったそうだ。

何とか俺を黙らせたい一心で、

思わず救急車を呼んでしまった

らしい。