※このページでは広告主の依頼によりアフィリエイト広告を掲載しています。

【スカッとする話】浮気嫁「あなた良い人だから慰謝料は300万円でいいよ」【第4話】

前回の内容はこちら▼

【スカッとする話】浮気嫁「あなた良い人だから慰謝料は300万円でいいよ」【第3話】
前回の内容はこちら▼ 1話から読みたい方はこちら▼ 本編 俺は、何回か軽く 苦情を言っている。 スカ太郎「雨でも買い物に 行ってる人って、 いっぱいいるだろう? そこまで大変?」 ハナコ「他の人は他の人、 私は私だよ。 他の人...

1話から読みたい方はこちら▼

【スカッとする話】浮気嫁「あなた良い人だから慰謝料は300万円でいいよ」【第1話】
こちらもおすすめ▼ 本編 俺はスカ太郎。 結婚3年目のごく普通な サラリーマンだ。 嫁のハナコとは3歳年齢が 離れている。 俺が28歳で、嫁は25歳。 つり合いは取れていると思う。 結婚式の時には、 いい夫婦だね、お似合いだね、 と周り...

本編

嫁のお得意は、宅配アプリで

出前を頼む事だ。

本人なりに、比較的安いところ

とか、キャンペーンを

やっているところとか、

線引きしているらしい。

しかし、これは回数を重ねると、

結構痛い出費になる。

嫁は専業主婦で、俺の給料が

収入のすべてという我が家では、

あまりに出前が続くのは困る。

 

スカ太郎「今日は仕方ない。

でも、明日からはちょっと

考えを変えてくれよ」

 

ハナコ「別に、宅配でも

よくない?手軽で美味しいし、

安いの選べばいいじゃん」

 

スカ太郎「いくら安くても、

自炊には敵わないよ」

 

ハナコ「作るの大変なんだもん!

それに、私の手が荒れても

いいっていうの?」

 

出来るだけ冷静に話した

つもりだったけれど、

ハナコの怒りポイントに

ばっちり触れてしまったようだ。

この話は、結局は結論が出ず、

なし崩し的に現状維持が

決まった感じになった。

 

スカ太郎(ハナコは、

自分がわがままだって事を

自覚していないのか?)

 

嫁の態度だけでは、

本音はどうなのか分からない。

わがままだと理解したうえで、

俺に甘えているのだろうか。

それとも、本気でわがままだと

思っていない、自分の当然の権利

だと思っているのだろうか。

 

スカ太郎(困ったな)

 

悩みに悩んだ末、

俺は早く帰れる日は自分で

食事を用意する事にした。